カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

2021年11月24日

Jトラストロイヤル銀行 国道一号線のチバーアンポフ地区に新デザインの支店を開設【カンボジア】

 Jトラストロイヤル銀行は、お客様の利便向上のため経済活動が盛んな国道一号線沿いチバーアンポフ地区にJトラストロイヤルチバーアンポフ支店(J Trust Royal Bank Chbar Ampov Branch)2021年11月22日より営業を開始する運びとなりました。

 これを機に関係者一同 より一層皆様のご期待にお応えできるよう精励する決意です。新規設計された支店で経験豊富なスタッフが提供する信頼のサービスをご体験ください。

チバーアンポフ支店営業時間:
8:00 ~ 16:00 (月曜日~金曜日) 
8:00 ~ 12:00(土曜日)
ATM Service: 24/7
住所: No. 72 A B C D, National Road No. 1, Phum Kaoh Norea, Sangkat Nirouth, Khan Chbar Ampov, Phnom Penh

お問い合せ先
■ジャパンデスク(日本語) 
Tel : + 855 95 965 517 (コサール直通)
Email : japandesk@jtrustroyal.com

関連記事
経済
PPCBank、生命保険大手プルーデンシャルとの業務提携を発表 カンボジア[経済]
(02月04日)
経済
PPCBank社債上場第2フェーズは応募超過に カンボジア[経済]
(10月12日)
経済
中銀、モバイル決済のパイペイとスマートルイの合併を承認 カンボジア[経済]
(06月05日)
経済
PPCBankが社債上場 商業銀行としては2例目 カンボジア[経済]
(04月16日)
経済
PPCBankは、カンボジア証券取引所で社債の上場を検討[経済]
(01月03日)
経済
カナダ・ナショナル銀行、ABA銀行を完全子会社化 カンボジア[経済]
(10月08日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
業界
アプリケーションの開発に試行錯誤を繰り返した[金融・保険] シン・チャン・モー(1/2)
業界
カンボジアの金融革新のリーダーであり続けます [金融・保険] ジョジョ・マロロス
業界
人口の80%は銀行口座を持たない [金融・保険] ジョジョ・マロロス
業界
ANZグループとしても、世界70%の地域での営業活動を行う中で、アジアへの自由貿易の重要性を認識しています[金融・保険] レオニー・レスブリッジ

その他のプロモーション情報

[PPCBank] KHQRでカンボジア国内QR決済を一元化!
(05月16日 - 06月15日)PPCBank KHQRで国内20以上の決済サービスと相互決済     各分野での成長著しいカンボジアですが、とりわけ決済のキャッシュレス化はこの数年でめざましい進化を遂げました。その中でも、スマートフォンでのQRコード読み取りを活用したQR決済は日常的な存在となっています。  QR決済が普及する一方で、カンボジア国内の銀行や決済サービスからはそれぞれ独自のQRコードが次々に発行されました。店舗側にも顧客側にも便利なQR決...
[PPCBank] カンボジア国家社会保険基金(NSSF)保険料納付も手数料無料!
(03月09日 - 04月08日)【手数料無料】NSSF社会保険料納付もPPCBankがサポート     カンボジア国内企業には、NSSF(National Social Security Fund=国家社会保険基金)への企業登録および、そこで働く従業員のための社会保険料の毎月の納付が義務づけられています。  しかしながら、その納付窓口となっている金融機関の数が非常に限られてしまっているのも悩ましいところ。  さらにその納付手続きにも手数料が発生して...
Jトラストロイヤル銀行は2022年の幕開けに2つの新支店をグランドオープンしました。
(02月01日 - 02月28日)プノンペン:2022年1月27日、J トラストロイヤル銀行はそれぞれプノンペンの南東部と北部に位置するチバーアンポフ(Chbar Ampov) とセンソク(Saensokh)2つの新店舗(※ブランド変更後に開店した初めての店舗)のグランドオープニングセレモニーを開催しました。 イベントは、カンボジア国立銀行総裁H.E Chea Chantoの代理としてカンボジア国立銀行監督総局長H.E. Rath Sovannorak、日本大使館公使 ...
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース