カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年11月16日
  • カンボジアニュース

初の社債発行のハッタカクセカー 機関投資家により全ての社債購入される カンボジア[経済]

20181116()
(c)Phnom Penh Post

 マイクロファイナンス大手のハッタカクセカー(HKL)はカンボジア初の社債を発行したが、全ての社債が機関投資家によって購入されたという。これにより、貸出業務の成長のために1200億リエル(3000万ドル)を調達することに成功した。プノンペンポスト紙が報じた。

 SBIロイヤル証券の引受けにより、債券は3年満期の年8.5%(半年毎の支払)の利率で、計120万の債券が発行された。

 SBIロイヤル証券のマネージングダイレクターは、「同債券は12月5日にカンボジア証券取引所(CSX)に上場する予定である」と述べた。また同氏は、「いまだに債券の需要がある。HKL社の債券の金利は機関投資家にとって魅力的だ」と付け加えた。

 HKLはCSXに上場する6番目の企業になる見込みだ。

関連記事
社会
下水道プロジェクトが進行中 カンボジア[社会]
(10日)
経済
カンボジアで展開の欧州企業 EBA協定廃止に懸念表明[経済]
(07日)
経済
新しい物流センターの建設計画 カンボジア[経済]
(06日)
経済
韓国企業 カンボジアの農業分野に関心[経済]
(05日)
経済
米国による食品プロモーション活動 カンボジア[経済]
(04日)
経済
アジア開発銀行 カンボジアに3000万ドル融資か[経済]
(03日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース