カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年2月21日
  • カンボジアニュース

5月20日 クメール・ルージュの犠牲者を悼む日に制定[社会]

news_201802223
(c)Khmer Times

 政府はポル・ポト政権(民主カンプチア政権)時代(1975年4月17日~1979年1月6日)の犠牲者を悼むために、5月20日を祭日に制定した。クメールタイムズ紙が報じた。

 この祭日はその時代に苦しんだ犠牲者の名誉と尊厳を回復し、国民の団結とポル・ポト政権時代中に起きた悲劇への理解促進が期待されている。

 これまで毎年5月20日は、「怒りの日(Day of Anger)」と呼ばれており、数多くのカンボジア人がポル・ポト政権時代に死亡した犠牲者を追悼するために首都郊外のキリングフィールドを訪れる。

 都庁の広報官は、この祭日が毎年開催されるか、隔年で開催されるかはまだ分からないと述べ、「クメール・ルージュ時代の苦しみの記憶は、いつもカンボジアの公衆の心に残っています」と語った。

社会の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース