カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 政治
  • 2023年7月10日
  • カンボジアニュース

フン・セン首相がアメリカとウクライナにクラスター爆弾の使用禁止を要請[政治]


(c)KT

カンボジアのフン・セン首相は、米国とウクライナの大統領に対し、ロシアに対する戦争でクラスター爆弾の使用を避けるよう要請した。クメールタイムズ紙が報じた。

フン・セン首相は、クラスター爆弾の使用はウクライナ人にとって数十年または数百年にわたって最大の危険となる可能性があり、カンボジアが米国による爆撃の影響を50年以上も受けていることを指摘した。

報道によれば、米国はウクライナにクラスター爆弾を供給する計画があるとされており、これに対して人権団体やカンボジアの関係者からは反対の声が上がっている。

クラスター爆弾は広範囲に散布され、環境や天候の要因によって意図した範囲外にまで落下し、爆発しないものも存在する。そのため、市民に対して長期間の脅威をもたらす可能性がある。

カンボジアではクラスター爆弾の影響が深刻であり、フン・セン首相は自国の経験を通じて他の国々にも警鐘を鳴らしている。

カンボジアの苦い経験を踏まえ、フン・セン首相はカンボジアがまだクラスター爆弾の除去に苦しんでいることを強調し、一方で、ウクライナに対してクラスター爆弾を使用しないよう訴えた。

カンボジアはクラスター爆弾の影響を身をもって経験し、他の国々にもその危険性を訴えることで、世界的な意識の喚起を図っている。

政治の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース