カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年10月23日
  • カンボジアニュース

中国政府、コメを輸出したいカンボジア企業40社の審査に入る[経済]

news_201910231
(c)Khmer Times

 カンボジア農林水産省は中国国家質量監督検験検疫総局(AQSIQ)と北京で、中国へ輸出する農作物について協議した。AQSIQは、中国にコメを輸出したいカンボジア企業40社の審査に入る。 

 これまでAQSIQによる初回の審査では26社がコメの輸出が承認され、最近では4社がバナナの輸出が承認された。現在はコメ輸出を希望する40社の審査が行う段階で、審査の優先順位の提示を同省に要求している。

 また、マンゴーは早ければ来年に中国への輸出が開始する見込みであり、リュウガンや燕の巣の輸出についてもAQSIQと協議が進行中だ。

 カンボジアコメ協会のソン・サラン会長によると、中国へのコメの輸出量は今年1月から9月までの間で15万7793トンとなり、前年同期比で44%増となった。これは、カンボジアのコメの総輸出量の39.6%を占めている。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース