カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年8月27日
  • カンボジアニュース

不動産クリード プノンペン郊外で住宅販売開始[経済]

news_201708272
(c)Khmer Times

 日本の不動産会社、クリード・グループは、アラタ・ガーデン・レジデンスプロジェクトの正式販売を開始した。クメールタイムズ紙が報じた。

 8月20日に販売が開始されたこのプロジェクトでは、総面積12.6ヘクタールの土地に、502棟の住宅、A&Bショップ、A&Bリンクハウス、ツインヴィラ、ジャックヴィラ、クイーンヴィラ、キングヴィラを併設しているという。

 このプロジェクトは、自然に囲まれた緑豊かなライフスタイルをコンセプトとしており、スイミングプール、子供の遊び場、カフェ、ミニマート、ジム、バドミントンコート、イオンモール2、プノンペン国際空港といった場所への送迎サービスなども提供している。

 不動産会社センチュリー21メコンのチレク・ソクニムCEOは、住宅市場が依然として成長を見せている理由には、金融部門からの支援に加え、新婚夫婦や中所得者層のカンボジア人による需要が増加していることを挙げ、「GDP成長率から、中所得者層の増加に伴い住宅需要が増加していることが分かり、今後も住宅需要は堅調だろう」との見解を見せた。

関連記事
社会
プノンペンのボレイ・ピプープ・トメイ購入者、家の差し押さえは不当と主張、首相に解決を要求[社会]
(11月23日)
経済
シハヌークビルの未完成建物に10億ドルの投資が必要[経済]
(09月26日)
経済
カンボジアの金融セクター、2023年には貸出成長が鈍化、ただし2024年に回復見込み[経済]
(08月29日)
経済
住宅販売は減少する一方、ローンは増加の傾向に カンボジア[経済]
(08月10日)
経済
コンドミニアム、賃料と販売価格がともに低下 カンボジア[経済]
(01月14日)
経済
高需要を背景にボレイ(土地付き住居)の平均販売価格が上昇 カンボジア[経済]
(10月09日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート07-カンボジア人の住宅調査
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
業界
これ以上無いほど徹底して利便性を追求[不動産]ジュリアン・ホー チェニー・チャン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース