カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

2022年05月16日

[PPCBank] KHQRでカンボジア国内QR決済を一元化!

PPCBank KHQRで国内20以上の決済サービスと相互決済

  
 各分野での成長著しいカンボジアですが、とりわけ決済のキャッシュレス化はこの数年でめざましい進化を遂げました。その中でも、スマートフォンでのQRコード読み取りを活用したQR決済は日常的な存在となっています。

 QR決済が普及する一方で、カンボジア国内の銀行や決済サービスからはそれぞれ独自のQRコードが次々に発行されました。店舗側にも顧客側にも便利なQR決済ですが、そのためには双方ともに同じ銀行や決済サービスを利用している必要もあり、レストランやコーヒーショップ、その他の商店では、ひとつのカウンターに膨大な種類のQRコードが立ち並ぶような、少し混乱した光景もしばしば見られるようになってしまいました。

 そうした状況に一石を投じるものとしてカンボジア中央銀行が開発したのが、カンボジア国内QR決済の統一規格となる『KHQR(ケーエイチキューアール)』です。2022年5月現在、KHQRには21ものカンボジア国内主要銀行および決済サービスが加盟し、加盟銀行・決済サービス間での相互決済が可能となりました。
  

  
PPCBank KHQRなら、ニーズに応じて柔軟にご利用いただけます

 PPCBank口座をお持ちの方なら、個人・法人を問わず、PPCBank KHQRを次の方法で手軽にご利用いただけます。

  • カンボジアでのビジネスをすでにお持ちのお客様(事業主様や法人のお客様を含みます):最寄りのPPCBank窓口またはPPCBankジャパンデスクまでご相談ください。お客様からのKHQR決済お受け取りに便利なQRスタンドやQRステッカー等の販促物も無料でご利用いただけます。
  • 個人のお客様:PPCBankモバイルバンキングのログイン画面から「QRで受け取る」、またはログイン後のMY口座画面より口座メニューから「QRコードでの支払受取」をお選びください。あなただけのKHQRをアプリ操作で簡単に生成いただけます。
  •   
    PPCBankモバイルバンキングのKHQR決済でおサイフいらず!

     PPCBankモバイルバンキングでは、前述の方法でのKHQR決済のお受け取り(KHQR生成)だけでなく、PPCBank以外の国内銀行や決済サービスが発行したKHQRに対しても手数料無料でお支払いいただけます。

     KHQR決済のお支払いは、スマートフォン上のPPCBankモバイルバンキングを使ってお支払い先のKHQRを読み取るだけ。シンプルな画面操作で簡単にお支払いいただける上、毎回のお支払い履歴が残るので安心です。

     カンボジア国内20以上のカンボジア国内主要銀行および決済サービスが加盟したKHQRは、街中でも利用できるところが日々続々と拡大中です。おサイフいらずの生活スタイルが一般的になる日も近いかもしれません!?

     PPCBankモバイルバンキングは、日本語、クメール語、英語、韓国語、中国語の5言語での表示に対応し、PPCBank口座をお持ちの方なら基本利用料無料でご利用いただけます。

     ご利用登録がまだの方は、パスポート原本とカンボジア国内携帯電話番号の設定されたスマートフォンをご持参の上、PPCBankジャパンデスクまたはPPCBank窓口にて無料で新規登録いただけます。また、PPCBankモバイルバンキングのアプリケーション上からのオンライン新規登録もご来店いらずで便利です(要SMS認証)。

    ご不明な点は、PPCBankジャパンデスクまでお気軽にお問い合わせください。

      
    ■お問い合わせ先

      
    PPCBankジャパンデスク(PPCBankオルセー支店2階)
    TEL: +855 61 444 608(日本語対応)
    No 437, Preah Monivong Blvd, (Corner St.214), Sangkat Boeung Prolit, Khan 7 Makara, Phnom Penh

    関連記事
    社会
    PPCBank、眼病治療を無償提供 カンボジア低所得者層に[社会]
    (06月28日)
    経済
    PPCBank、生命保険大手プルーデンシャルとの業務提携を発表 カンボジア[経済]
    (02月04日)
    経済
    PPCBank社債上場第2フェーズは応募超過に カンボジア[経済]
    (10月12日)
    経済
    中小企業銀行と農業開発銀行、中小企業へ6300万ドル融資 カンボジア[経済]
    (31日)
    経済
    マイクロファイナンス機関、約8億ドルの返済条件変更を承認 カンボジア[経済]
    (06月08日)
    経済
    PPCBankが社債上場 商業銀行としては2例目 カンボジア[経済]
    (04月16日)
    あわせて読みたい
    特集
    隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
    特集
    急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
    特集
    急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
    特集
    急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
    特集
    トップインタビュー ANZロイヤル銀行 CEO グラン ナッキー No.1

    その他のプロモーション情報

    [PPCBank] カンボジア国家社会保険基金(NSSF)保険料納付も手数料無料!
    (03月09日 - 04月08日)【手数料無料】NSSF社会保険料納付もPPCBankがサポート     カンボジア国内企業には、NSSF(National Social Security Fund=国家社会保険基金)への企業登録および、そこで働く従業員のための社会保険料の毎月の納付が義務づけられています。  しかしながら、その納付窓口となっている金融機関の数が非常に限られてしまっているのも悩ましいところ。  さらにその納付手続きにも手数料が発生して...
    Jトラストロイヤル銀行は2022年の幕開けに2つの新支店をグランドオープンしました。
    (02月01日 - 02月28日)プノンペン:2022年1月27日、J トラストロイヤル銀行はそれぞれプノンペンの南東部と北部に位置するチバーアンポフ(Chbar Ampov) とセンソク(Saensokh)2つの新店舗(※ブランド変更後に開店した初めての店舗)のグランドオープニングセレモニーを開催しました。 イベントは、カンボジア国立銀行総裁H.E Chea Chantoの代理としてカンボジア国立銀行監督総局長H.E. Rath Sovannorak、日本大使館公使 ...
    Jトラストロイヤル銀行のKramoun Sar 支店とTuol Kouk 支店で納税サービ...
    (01月25日 - 02月24日) Jトラストロイヤル銀行の納税サービスについて新たな一段の利便性を実現!  2021年12月6日より、企業法人のお客様は、資産税類、未利用土地税、印紙税、道路税支払いなど、あらゆる税金の支払いを、JトラストロイヤルKramoun Sar支店およびTuol kouk支店(月~金:8時~15時30分)やインターネットバンキングのJTR Connectで行うことができるようになりました。  詳しくは、カスタマーケアセンター(023-999-00...