カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

2021年05月20日

[PPCBank] モバイルバンキングとバコン活用で資金管理を

Withコロナ時代のカンボジアで役立つバコン活用法

  
2020年10月に正式運用開始が発表された「バコン(Bakong)」。カンボジア中央銀行が力強く推し進めるデジタル決済の最新トレンドとして、カンボジア国内のみならず、日本でも多くのメディアに取り上げられました。

巷で話題のバコンですが、スマートフォンにインストールしたきりで使いこなせていない、そんな方も少なくないのではないでしょうか。

バコンは画面もシンプルでわかりやすく、便利な送金・決済機能を備えたアプリです。それを使わないのはもったいない! そこで、カンボジア在住のみなさまに役立つバコン活用法をご紹介します。
  
■PPCBankならバコン・ウォレットへの送金(チャージ)無料
PPCBank口座をお持ちの方なら、PPCBank口座(普通預金口座、当座預金口座)残高からバコン・ウォレットへの送金(チャージ)も手数料無料でご利用いただけます。しかも送金した金額はバコン・ウォレットの残高に即時反映されます。

– カンボジア全国23店舗、PPCBank窓口でのお手続き(ジャパンデスク含む)
– PPCBankモバイルバンキング上のかんたんな操作でのお手続き

上記どちらの方法でもバコン・ウォレットへの即時送金が可能ですが、PPCBankモバイルバンキングならソーシャルディスタンスを保ちながら時間も場所も選ばず自由にお手続きいただけます。

さらに、PPCBankモバイルバンキングは基本利用料無料でご利用いただけます。ご利用登録がまだの方は、パスポート原本とカンボジア国内携帯電話番号の設定されたスマートフォンをご持参の上、PPCBankジャパンデスクまたはPPCBank窓口にて無料で新規登録いただけます。
  
■バコンなら加盟金融機関口座への送金(デポジット)無料
スマートフォン専用アプリでいつでもどこでもご利用いただけるバコン(Bakong)。

バコン・ウォレット残高から加盟金融機関口座への送金は「Deposit(デポジット)」という機能から手数料無料でご利用いただける上、送金した金額は受取口座の残高にスピーディーに反映されます。

バコン加盟金融機関は随時追加されていますので、送金可能な金融機関の詳細はバコン公式ウェブサイト(https://bakong.nbc.org.kh/en/) またはスマートフォン専用アプリ上よりお確かめください。
  
■PPCBankモバイルバンキング+バコン=主要金融機関宛の送金が無料に!
前述の特長を持つPPCBankモバイルバンキングおよびバコンを組み合わせてご活用いただくことで、カンボジア国内の主要な金融機関への送金が手数料無料かつほぼ即時反映として実現できます。

なお、PPCBankモバイルバンキングからの送金上限金額、バコンからの送金上限金額は、それぞれのユーザーIDの設定等によっても異なりますので、あらかじめご注意ください。
  
■お問い合わせ先

  
PPCBankジャパンデスク(PPCBankオルセー支店2階)
TEL: +855 61 444 608(日本語対応)
日本語WEBサイト: https://www.ppcbank.com.kh/japan-desk/
営業時間: 月~金 8:00-16:00、土 8:00-12:00(定休日: 日曜、カンボジア祝祭日)

関連記事
社会
PPCBank、眼病治療を無償提供 カンボジア低所得者層に[社会]
(06月28日)
経済
PPCBank、生命保険大手プルーデンシャルとの業務提携を発表 カンボジア[経済]
(02月04日)
経済
PPCBank社債上場第2フェーズは応募超過に カンボジア[経済]
(10月12日)
経済
中小企業銀行と農業開発銀行、中小企業へ6300万ドル融資 カンボジア[経済]
(07月31日)
経済
マイクロファイナンス機関、約8億ドルの返済条件変更を承認 カンボジア[経済]
(06月08日)
経済
PPCBankが社債上場 商業銀行としては2例目 カンボジア[経済]
(04月16日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
特集
トップインタビュー ANZロイヤル銀行 CEO グラン ナッキー No.1

その他のプロモーション情報

[PPCBank] KHQRでカンボジア国内QR決済を一元化!
(05月16日 - 06月15日)PPCBank KHQRで国内20以上の決済サービスと相互決済     各分野での成長著しいカンボジアですが、とりわけ決済のキャッシュレス化はこの数年でめざましい進化を遂げました。その中でも、スマートフォンでのQRコード読み取りを活用したQR決済は日常的な存在となっています。  QR決済が普及する一方で、カンボジア国内の銀行や決済サービスからはそれぞれ独自のQRコードが次々に発行されました。店舗側にも顧客側にも便利なQR決...
[PPCBank] カンボジア国家社会保険基金(NSSF)保険料納付も手数料無料!
(03月09日 - 04月08日)【手数料無料】NSSF社会保険料納付もPPCBankがサポート     カンボジア国内企業には、NSSF(National Social Security Fund=国家社会保険基金)への企業登録および、そこで働く従業員のための社会保険料の毎月の納付が義務づけられています。  しかしながら、その納付窓口となっている金融機関の数が非常に限られてしまっているのも悩ましいところ。  さらにその納付手続きにも手数料が発生して...
Jトラストロイヤル銀行は2022年の幕開けに2つの新支店をグランドオープンしました。
(02月01日 - 02月28日)プノンペン:2022年1月27日、J トラストロイヤル銀行はそれぞれプノンペンの南東部と北部に位置するチバーアンポフ(Chbar Ampov) とセンソク(Saensokh)2つの新店舗(※ブランド変更後に開店した初めての店舗)のグランドオープニングセレモニーを開催しました。 イベントは、カンボジア国立銀行総裁H.E Chea Chantoの代理としてカンボジア国立銀行監督総局長H.E. Rath Sovannorak、日本大使館公使 ...
ここ1ヶ月で注目度の高いニュース