カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2019年5月20日
  • カンボジアニュース

タモウク湖周辺に違法居住している家族を強制退去 カンボジア[社会]

Pocket

news_201905201
(c)Khmer Times

 プレックプノウ地区当局は、プノンペン最大の貯水池であるタモウク湖(Boeung Tamouk Lake、Tumnup Srovとも呼ばれる)周辺に違法居住している家族を強制退去させた。クメールタイムズ紙が報じた。

 地区管理責任者によると、「彼らは違法に住んでいるのでそれらを補償する方針はない」と述べた。

 タモウク湖は、都内中心部から約15キロメートルの距離に位置し、政府は2016年、3239ヘクタールの湖を保護地として指定する閣僚会議令を公布しました。

 また、昨年8月下旬、湖の周辺20ヘクタールで野菜市場を開発するプロジェクトが承認されており、約1ヵ月前から湖の一部を埋め立て工事が進められている。

 埋め立て地の近くの木造の小屋に住むロス・チャンティさん(56歳)は、「地区当局がやってきて、後で補償を議論するので退去するように言われた。彼らは補償が何であるかは教えてくれなかったが、生活のために土地の割当を持ちたいです」と語った。

 チャンティさんは、1980年代にこの地域に住むようになったと主張し、生息のために湖で釣りをしてたという。

社会の最新ニュースランキング
最新ニュース