カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年6月2日
  • カンボジアニュース

バッタンバンオレンジ 病気による絶滅状態から復活へ[社会]

news_201806021
(c)Phnom Penh Post

 1990年代初頭に世界的に発生したオレンジの病気により大きな打撃を受けていたバッタンバン州のオレンジが復活を遂げている。プノンペンポスト紙が報じた。

 バッタンバン州農業局の副局長は、「数年前の病気によりバッタンバンのオレンジ産業は死に絶えた。しかし専門家の支援、適切な肥料の使用方法などの技術訓練、病気に強い新品種への切替えにより、栽培は徐々に戻ってきた。現在ではより大きなスケールでオレンジを栽培し始めている」と話した。

 昨年のオレンジの栽培面積は、2016年の1071ヘクタールから1169ヘクタールに拡大した。バッタンバンオレンジは熟したときの緑色の皮が独特で、農林水産省は2016年、EUの地理的表示(GI)のもと果実のブランド化を図っている。

 バッタンバンに1.5ヘクタールの果樹園を持つオレンジ農家は、「数年前、病気に感染したとき400本近くの樹木を伐採しなければならなかった。しかし樹木の手入れや病気を防ぐ方法など、農林水産省からの支援によって昨年は3000ドルの純利益を得た。今年も病気にならず、農園は上手くいっている」と話した。

 このような農家の経験を踏まえ、多くの農家が再びオレンジを植え始めている。

関連記事
経済
カンボジアのゴム輸出価格 減少続く[経済]
(11日)
経済
カンボジア胡椒農家 低価格続き厳しい状況[経済]
(10日)
経済
カンボジア胡椒 新たなマーケットを模索[経済]
(06日)
経済
韓国企業 カンボジアの農業分野に関心[経済]
(05日)
経済
カンボジアコメ協会会長 EU関税導入検討に懸念表明[経済]
(03日)
経済
カンボジア産キャッサバの価格が上昇[経済]
(11月30日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース