カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2018年5月29日
  • カンボジアニュース

13人が農薬による中毒死 農薬の輸入を一時的に禁止に カンボジア農水省[社会]

news_201805292
(c)Khmer Times

 農林水産省は、クラチェ州で13人が農薬による中毒で死亡したことをうけ、すべての農薬の輸入を一時的に禁止した。クメールタイムズ紙が報じた。

 声明によると、農林水産省は、農業関係者や専門家を対象に、農薬やそれに含まれる他の化学物質の適正使用に関する研究を行い、今後の事故を防ぐために正しい使用法を農家に教える。また、国境当局は違法農薬の国内流入を阻止する努力をさらに強化し、中毒が発生した場合は直ちに当局に報告するよう国民に求めている。

 モンドルキリ州農業局の責任者は、「現在、農業従事者に人々の健康に影響を与える可能性のある強い毒性レベルを避けるため、これらの農薬を安全に使用する方法を伝えている」と語った。

 また、カンボジア農業研究開発センターは、「検査されずに多くの製品が国内に入っており、政府が違法農薬の摘発を強化する時期である」と主張した。

関連記事
社会
ビルの倒壊事故、救助活動が終了 2人生存、28人死亡、26人負傷[社会]
(25日)
社会
建設中のビル倒壊、24人死亡 カンボジア[社会]
(24日)
経済
中国当局、カンポット州のバナナ工場を視察 カンボジア[経済]
(19日)
経済
カンボジア初、600トンの有機肥料を輸出[経済]
(13日)
経済
ドリアンの収穫高は悪天候のため減少 カンボジア[経済]
(05月15日)
経済
年間5万4149トンの家畜と肉を輸入 カンボジア[経済]
(04月26日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース