カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年5月20日
  • カンボジアニュース

カンボジア地方選挙に向け 労働者へ投票教育 JICAが支援[社会]

news_201705202
(c)Phnom Penh Post

 カンボジア国家選挙委員会(NEC)は、国際協力機構(JICA)と協力して、今年開催される地方選挙における投票手続を工場労働者に教育すると発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 NECの広報担当者によると、JICAはアドバイザーを特別経済区(SEZ)と地方工場に派遣し、地方選挙委員会(PECs)の関係者と集会を開き、投票の重要性を説明すると述べた。

 今月初めに スヴァイリエン州のSEZでJICAが労働者の教育のための集会を初めて開催し、ポスターの配布や投票の重要性についてのビデオを上映した。

 カンボジア労働組合連盟(CATU)によると、約10万人の組合員全員が選挙登録されているという。

関連記事
政治
選挙に対する反汚職ユニット 選出された議員らに資産公開を求める声明[政治]
(17日)
法律
与党 来年の選挙に向けて政党のロゴを取り締まる法律[法律]
(15日)
政治
在カンボジアフランス大使 6月の地方選挙を評価[政治]
(15日)
経済
カンボジア縫製業協会が反発 訓練機関の運営方法への批判を受け[経済]
(14日)
労働
カンボジア 日本で働く研修生のための契約締結[労働]
(12日)
労働
マイクロファイナンス機関 スタッフの育成基金の設立を発表[労働]
(11日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース