カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年4月20日
  • カンボジアニュース

気候変動によりバッタンバン州で59人が中毒に[社会]

 今週火曜日、バッタンバン州にある村で大人17人と子供42人が汚水を飲んだとして、中毒の疑いで入院した。警察当局が発言した。カンボジアデイリー紙が報じている。

 59人の患者は全員バッタンバン州の村にいたが、嘔吐や腹痛に見舞われたと地方の警察長は説明。暑い天気のなか、生水を飲んだという。

 その地域は数日前から激しい降雨に見舞われ、クメール正月にかけて低い気温と降雨の急上昇していた。

関連記事
社会
今年に入りすでに1000人以上の中国人が逮捕 カンボジア[社会]
(18日)
社会
オンラインカジノや特定職種の自営禁止に伴い数万人の中国人がカンボジアを退去[社会]
(09月11日)
社会
外国人が関与した犯罪、今年第2四半期は減少 カンボジア[社会]
(08月16日)
労働
33人の工場労働者を乗せたトラックが横転 カンボジア[労働]
(07月31日)
経済
自動車所有者に対して保険加入の義務化を計画 カンボジア[経済]
(07月26日)
社会
プレアシアヌーク州知事、鉄骨造の建設を直ちに中止するよう命令[社会]
(07月05日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科 チャン・チャンノエウン 
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
業界
外国人にとっての心構え。日系クリニックの現場で起きていること。
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース