カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年4月19日
  • カンボジアニュース

素行不良で有名なポイペト国境職員 同僚に向け発砲し逃亡中[社会]

news_201704192
(c)The Cambodia Daily

 国境検問所と内務省の発表によると、ポイペト国境検問所副主任のチェアン・ピセット氏が同僚に発砲し現在逃走中だという。カンボジアデイリー紙が報じた。

 国境検問所職員同士がもみ合いとなり、チェアン氏が同僚を銃で撃った。現在はタイに逃亡したとみられている。

 チェアン氏は12月、労働運動家が運転する車の前で倒れ、重症であると嘘の証言を行い、またその様子を映した動画がソーシャルメディア等で拡散され、意図的に暴力的な点を強められたと非難されていた。

 その後、同氏はネックブレースを付けてタイの病院に運ばれたとされたが、タイのホテルのセキュリティ映像に、幸せそうにホールを歩き回る同氏が映っていたという。


本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
社会
ナンバープレートのないトゥクトゥク運転手 170人を取り締まり[社会]
(15日)
社会
誤登録されている200万人の個人情報 内務省が修正を呼びかけ[社会]
(13日)
経済
ドナコ 900台のスロットマシンをポイペトへ設置[経済]
(03日)
社会
水祭りに合わせ48人の囚人に恩赦が適応される見込み カンボジア[社会]
(10月31日)
政治
カンボジアデイリー紙 オンラインで活動再開[政治]
(10月28日)
社会
カンボジアとタイの国境・ポイペトのチェックポイント 改装へ[社会]
(10月11日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
業界
カンボジアの保険業界は外資系企業の参入を予想[保険]マイケル・グリーン
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース