カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年11月17日
  • カンボジアニュース

水祭り後の清掃、ゴミをトンレサップ川に直接流す。「これはささいな問題」―プノンペン都庁[社会]

news_201611171
(c)Phnom Penh Post

 カンボジア最大のお祭りである水祭りが終了した後、清掃員たちがトンレサップ川周辺を掃除している様子がソーシャルメディア上に動画でアップされたことで、批判が起こっている。地元の写真家が撮影したそのビデオは、約21万1000回の再生回数を記録している。プノンペンポスト紙が報じた。

 問題の動画では、一部の清掃員が路上のゴミを直接河川へ放っている様子が映し出されている。プノンペン都庁の広報担当者はこの問題に関してコメントを拒否したが、「これはささいな問題で、水祭りの3日間で過去よりもきちんとした清掃が行われた」などと述べた。



 同氏によれば、水祭り後清掃をしていたのは都内の廃棄物処理を担当しているシントリー社の労働者1700人と、公務員290人だった。シントリー社の担当責任者は、ビデオに登場した人物は、同社の労働者ではないと主張している。

 サイ・サムアル環境大臣は、「ゴミを川へ流すことは、環境に良くない。水祭り参加者は、処分方法に対する意識をもっと高める必要がある。もし公務員が今回の事態に加担していたならば、懲戒処分を与え、教育を受けさせないといけない」と語った。

 水祭り終了後、ゴミ拾いを行うボランティアの姿も少人数見られた。

関連記事
社会
ナンバープレートのないトゥクトゥク運転手 170人を取り締まり[社会]
(15日)
観光
カンボジア初の海洋公園設立へ プレアシアヌーク州[観光]
(12日)
観光
フン・セン首相 エコツーリズムの開発に向けたタスクフォースを設立[観光]
(09日)
社会
水祭りに合わせ48人の囚人に恩赦が適応される見込み カンボジア[社会]
(10月31日)
社会
プノンペン都内で増加するゴミ 市長に課題解決を要請[社会]
(10月29日)
社会
プノンペン都 3日間の水祭りのため万全の準備を期す[社会]
(10月24日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの税関の汚職について、不正を無くすには、不正に応じないこと[運輸・物流]クルーチ・ソピアックトラ
業界
カンボジアの保険業界は外資系企業の参入を予想[保険]マイケル・グリーン
業界
カンボジアの物流業、参入分野を選んでターゲットを明確にすればチャンスはある[運輸・物流]コウ・ペン
業界
24時間体制で事故現場に駆けつけ、条件や補償で交渉ができる保険会社[保険]マイケル・グリーン
業界
ほかのアジアの国よりも早いペースで成長する[保険]マイケル・グリーン
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース