カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年11月2日
  • カンボジアニュース

プノンペンを象徴するホワイトビルディング、再開発計画に住民も選択を迫られる[社会]

news_201611012 (1)
(c)Khmer Times

 プノンペンを象徴するホワイトビルディングの住民は、7万ドルを受け取って家を退去するか、建物が改装されるまでの3年間タックトラ地区に住むかの、2つの選択肢を迫られている。クメールタイムズ紙が報じた。

 国土整備・都市化・建設省がWEBサイトで発表したところによると、ホワイトビルディング再開発には、住民の仮住居費用を含めて7万ドルから8万ドルの費用がかかるという。

 同再開発計画では、ホワイトビルディングは21階建ての建物に変容する。3階建て駐車場が付き、1階は商業施設、宿泊施設は5階層分を占める。日系建設企業が、9階以上の階を全て所有する。

 ホワイトビルディングは1963年に建てられ、現在はアーテイストやミュージシャンの交流の場になっているが、 安全性に問題があるとして、政府2015年7月に修繕することを決めた。

 しかし、ほとんどの住民は、新しい家を見つけられないという理由から立ち退きを拒否している。

 ある住民は、「ボレイ・ケイラやボンコックで起こったように、一時立ち退き後にきちんと戻って来られるか心配だ」と話す。また、「7万ドルを受け取って退去しても、その後の地価が7万ドル以上になれば損失になるので、受け取りたくない」と話す住民もいる。

関連記事
経済
パンデミックによる不動産業界への影響 低価格帯物件は堅調 カンボジア[経済]
(04月02日)
経済
建設業界は依然として堅調 カンボジア[経済]
(03月17日)
経済
プノンペン郊外の低価格住宅、第1フェーズが年内完了 カンボジア[経済]
(02月19日)
経済
低所得者向け住宅プロジェクトは順調に進捗中 カンボジア[経済]
(01月14日)
経済
手頃な価格の住宅の開発が焦点になると予測 カンボジア[経済]
(01月13日)
経済
建築資材の輸入総額15億ドル、前年比50%増 カンボジア[経済]
(01月08日)
あわせて読みたい
特集
トップインタビュー イエローツリー・インテリア バーニー・ダーキン(1/3)
特集
カンボジアの現地パートナーと出会うならCJBI(3/3)
特集
カンボジアの現地パートナーと出会うならCJBI(2/3)
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
本音調査アンケート 調査リポート06―カンボジア人が持つ仕事観とは
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース