カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年7月17日
  • カンボジアニュース

カンボジア内務省が国民に警告、高利回りの危険な投資に警戒を[社会]

 内務省カンボジア証券取引委員会(SECC)は7月14日、エンパイア・ビッグ・キャピタル株式会社(Empire Big Capital Ltd=EBC)及び関連会社が投資詐欺を行ったと合同発表した。

 EBCは昨年、ネズミ講操作の疑いでスタッフが逮捕されており、営業停止になってる。

 7月8日付の発表では、高利回りを約束する危険な投資スキームには警戒する必要があると国民に警告している。

関連記事
社会
オンラインカジノや特定職種の自営禁止に伴い数万人の中国人がカンボジアを退去[社会]
(09月11日)
経済
カンボジアのオンラインカジノなどの禁止司令を中国政府が支持[政治]
(08月22日)
経済
工業手工芸省の高官、中小企業に株式上場を促す[経済]
(08月20日)
社会
マネーロンダリングに関与しないよう国民に注意喚起 カンボジア内務省[社会]
(08月07日)
社会
外国人投資家へ210万ドルの不動産詐欺 被告人に懲役2年半[社会]
(05月15日)
経済
米国大使館、中国との貿易は役に立たないと非難 カンボジア[経済]
(04月23日)
あわせて読みたい
特集
キリロム工科大学の今を追う 育てるのは企業のデジタルトランスフォーメーションを促すエンジニア
特集
キリロム工科大学 学生寮投資のお願い
特集
卒業生の収入とITレベルが、圧倒的。世界トップレベルのIT事業が始まる。
特集
ただ代わりに得るものは、世界へ飛び立てる切符。
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース