カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年7月17日
  • カンボジアニュース

カンボジア内務省が国民に警告、高利回りの危険な投資に警戒を[社会]

 内務省カンボジア証券取引委員会(SECC)は7月14日、エンパイア・ビッグ・キャピタル株式会社(Empire Big Capital Ltd=EBC)及び関連会社が投資詐欺を行ったと合同発表した。

 EBCは昨年、ネズミ講操作の疑いでスタッフが逮捕されており、営業停止になってる。

 7月8日付の発表では、高利回りを約束する危険な投資スキームには警戒する必要があると国民に警告している。

関連記事
経済
プレアシアヌーク州 中国人の帰還により、経済に復調の兆しか カンボジア[経済]
(06月17日)
経済
シアヌークビルで5つ星ホテルの建設プロジェクトが承認 カンボジア[経済]
(05月26日)
経済
アクレダ銀行の公募価格が決定 カンボジア[経済]
(03月23日)
社会
国内滞在の外国人、新たな登録制度の義務化 カンボジア[社会]
(03月09日)
社会
フン・セン首相、交通規則の違反常習者の免許取り消しを要請 カンボジア[社会]
(02月21日)
労働
3万6000人以上の移民労働者がカンボジアに送還[労働]
(01月31日)
あわせて読みたい
特集
キリロム工科大学の今を追う 育てるのは企業のデジタルトランスフォーメーションを促すエンジニア
特集
キリロム工科大学 学生寮投資のお願い
特集
卒業生の収入とITレベルが、圧倒的。世界トップレベルのIT事業が始まる。
特集
ただ代わりに得るものは、世界へ飛び立てる切符。
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース