カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2016年7月17日
  • カンボジアニュース

カンボジア内務省が国民に警告、高利回りの危険な投資に警戒を[社会]

 内務省カンボジア証券取引委員会(SECC)は7月14日、エンパイア・ビッグ・キャピタル株式会社(Empire Big Capital Ltd=EBC)及び関連会社が投資詐欺を行ったと合同発表した。

 EBCは昨年、ネズミ講操作の疑いでスタッフが逮捕されており、営業停止になってる。

 7月8日付の発表では、高利回りを約束する危険な投資スキームには警戒する必要があると国民に警告している。

関連記事
経済
カンボジア証券取引委員会 暗号通貨取引に警告[経済]
(17日)
経済
カンボジア証券取引委員会 デリバティブ取引手数料の引き下げへ[経済]
(12月29日)
経済
カンボジア証券取引所 香港の調査会社とフィンテック調査へ[経済]
(12月23日)
社会
誤登録されている200万人の個人情報 内務省が修正を呼びかけ[社会]
(11月13日)
政治
カンボジアデイリー紙 オンラインで活動再開[政治]
(10月28日)
経済
カンボジア証券取引所 社債発行に関する新たなガイドブックを発表[経済]
(10月18日)
あわせて読みたい
特集
ただ代わりに得るものは、世界へ飛び立てる切符。
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
業界
都市機能の整備が必要 [建築・内装] トゥース・サプーン
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
業界
技術レベルに一貫性がなく、基準がないことは大きな問題[建設・内装] エン・スロン(2/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース