カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 社会
  • 2017年4月27日
  • カンボジアニュース

プノンペン JICA援助の信号機 稼働遅れる[社会]

news_201704274
(c)Khmer Times

 昨年11月以降に設置された100灯の新しい信号機の稼働が遅れている。クメールタイムズ紙が報じた。

 信号機と監視カメラは、国際協力機構(JICA)の資金提供を受けている。

 今年3月の時点では、既に稼働中の26台の監視カメラのほか、5月末までに残りの新しい信号灯がすべて機能するようになると関係者が話していたが、25日、公共事業運輸省は2018年2月までは信号機が稼動しないと発表した。

 同省は、遅延理由として、設置により家が塞がるといった理由による住民の非協力的な対応や、夜間の設置作業が原因として挙げている。

 12基の信号機は、緊急に必要とされているため、他の88基よりも先に稼働している。

関連記事
社会
クメール正月 スピード違反などで52人が死亡 カンボジア[社会]
(18日)
社会
プノンペン都の交通管制センター 稼働[社会]
(03月28日)
社会
中国支援のプノンペンのモノレールプロジェクト 実現可能性調査へ[社会]
(03月27日)
社会
死亡事故の大半はヘルメット未着用のバイク運転手 カンボジア[社会]
(03月22日)
社会
カンボジア初の高速道路 3月22日に起工予定[経済]
(03月06日)
社会
工場の郊外移転の方針を見直し プノンペン都庁[社会]
(03月04日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
カンボジア 水ビジネス最前線
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
役割と責任の明確化が必要 [人材・コンサル] 大西義史 (1/2)
業界
役割と責任の明確化が必要[人材・コンサル] 大西義史 (2/2)
社会の最新ニュースランキング
最新ニュース