カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 政治
  • 2018年7月4日
  • カンボジアニュース

カンボジアと中国は60年の友情を祝う[政治]

news_201807042
(c)Khmer Times

 フン・セン首相と駐カンボジア中国大使館の熊波(Xiong Bo)大使は2日、カンボジアと中国が結んだ友好条約60年記念を祝った。プノンペンポスト紙が報じた。

 熊波大使は、「60年の節目は、両国を結びつける国家の独立と解放のための共通の追求を示しており、60年の短い期間に中国は世界第2位の経済大国となり、カンボジア経済は20年連続で急速な発展を遂げた」と述べた。

 2017年の中国とカンボジアの間の貿易額は約550万ドルに達し、2016年に比べて22%増加しており、中国のカンボジアへの投資資本は、合計で約16億ドルにのぼる。

 フン・セン首相は、中国政府の我々に対する敬意に表し、「政府は国民に利益をもたらすために、包括的戦略パートナーシップ協力プログラムの下での二国間関係を強化することに強くコミットしている」と述べた。

関連記事
経済
供給不足のため中国から塩輸入 カンボジア[経済]
(19日)
観光
中国人観光客 全体の32パーセント占める カンボジア[観光]
(17日)
政治
EBA協定撤回の手続きが既に開始 カンボジア[政治]
(10日)
経済
中国系ベンチャー 3万トンのバナナ輸出へ カンボジア[経済]
(08日)
観光
開発進むプレアシアヌーク 観光業に影響か カンボジア[観光]
(05日)
経済
中国 カンボジア不動産業界を牽引[経済]
(09月28日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
政治の最新ニュースランキング
最新ニュース