カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 政治
  • 2016年11月24日
  • カンボジアニュース

カンボジア政府が2017年度国家予算を国民議会で可決[政治]

news_201611242
(c)Khmer Times

 カンボジア国民議会で22日、2017年度国家予算を決める国会が開かれ、50億ドルの予算案が可決された。クメールタイムズ紙によれば、野党のカンボジア救国党の議員らはボイコットした。

 与党の人民党が経済成長の維持と優先的な産業の支援に必要な予算額だと主張する一方、救国党は透明性や効果を証明するよう求めた。

 ある野党議員は、「2017年度予算案の草案を見たが、歳出入の帳尻が合わないなど、多くの誤りを発見した。徴税をより効率的に行い、特に他国からの融資で行っているインフラ整備領域の支出については、透明性を重視すべき」と語った。

 カンボジア経済財政省によれば、可決された予算案では7省庁が優先され、予算割り当て額で30億ドルを占めている。最も予算割り当て額が多いのが教育省で6億6700万ドル、次に公共事業運輸省で5億9500万ドルだった。この7省庁に農林水産省は含まれていない。

 2016年度国家予算は、前年の37億5000万ドルから16億ドル増加の43億6000万ドルだった。

関連記事
経済
カンボジア 2018年度国家予算15%増で承認[経済]
(20日)
日系
カンボジア運輸大臣 日本通運の成田空港第三物流センターを視察[経済]
(17日)
経済
MFIへの海外からの融資資金の利子 源泉徴収税を軽減[経済]
(16日)
法律
物流部門に関する法律制定を検討 カンボジア運輸省[法律]
(11日)
観光
フン・セン首相 エコツーリズムの開発に向けたタスクフォースを設立[観光]
(09日)
社会
プノンペン 2018年4月より水上バスサービス開始か[社会]
(04日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
政治の最新ニュースランキング
最新ニュース