カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2019年9月16日
  • カンボジアニュース

労働省高官「カンボジアのお盆までには最低賃金が決まる」[労働]

news_201909161
(c)Phnom Penh Post

 労働職業訓練省は12日に、2020年の縫製・製靴業の最低賃金の合意に向けて、両当事者が協議を継続している。

 労働者側の代表者はすでに当初要求していた月額199ドルから197ドルに譲歩することに合意している。また、雇用主側の代表者は当初要求していた月額184ドルから​​184.50ドルに引き上げることに合意している。

 現在の最低賃金である182ドルは、前年の170ドルから12ドル増加している。当初は両当事者の要求額の間には15ドルの開きがあったが、現在は差が12.5ドルに縮まっている。 

 同省の広報官は、カンボジアのお盆(プチュン・バン)である9月27日の前に、両当事者から共通の金額で合意できると述べた。

関連記事
労働
カンボジア労働省、2020年末までに社内診療所の設置を要請[労働]
(05日)
労働
カンボジア、公共雇用サービスをデジタル化に向けた取り組みを優先[労働]
(04日)
労働
外国人労働者に関する許可申請締切を12月末に延長 カンボジア[労働]
(11月25日)
政治
給与所得税の納税対象の最低月給額を325ドルに引き上げ カンボジア[政治]
(10月28日)
労働
ILO、法令遵守の監視体制の弱さ指摘 カンボジア[労働]
(10月22日)
労働
カンボジア政府、非公式部門での外国人の自営禁止を解除[労働]
(10月07日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
正しい知識を持った専門家に意見を聞くことが大事[法務・税務・会計] 坂本征大
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース