カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年11月18日
  • カンボジアニュース

米国商工会議所 カンボジア労働者のインターンプログラムを設立[労働]

 カンボジアの米国商工会議所(AMCham)は、労働職業訓練省との覚書を締結し、カンボジア人労働者のためのパイロット・インターンシップ・プログラムを設立すると発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 AmChamの労働力委員会の責任者は、労働職業訓練省と国家雇用機構(NEA)と協力し、契約の内容を検討したと語った。AmChamの会員企業は、インターンを受け入れることによりプログラムに参加することができる。

関連記事
労働
最低課税所得基準額 今月より300ドルに カンボジア[労働]
(19日)
政治
米国 カンボジア当局者に対するビザ制裁を発動[政治]
(12月08日)
労働
タケオ州の縫製工場で100人以上の大量失神[労働]
(12月08日)
政治
スウェーデン カンボジアへの新たな援助を停止[政治]
(11月24日)
労働
PPSEZ 労働力向上のため訓練機関と覚書締結[労働]
(11月16日)
経済
米国小売大手のウォルマート カンボジア製品の購入を強化[経済]
(11月09日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース