カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2016年12月16日
  • カンボジアニュース

年間1000人のカンボジア人のメイドをシンガポールに派遣と報道 労働省は否定[労働]

 シンガポールのテレビ番組が、カンボジアは毎年シンガポールに1000人のメイドを送ることを承認したと報道した。プノンペンポスト紙が報じた。

 先週、シンガポールのエージェントがカンボジアを訪問し、政府機関と協力して協定の枠組みについて議論したという。

 シンガポール労働省は公式に、「今現在、カンボジア人のメイドは年間100名ほどあっせんされているが、新しい労働力として、来年からは最低でも年間1000人をあっせんされることを望んでいる」と述べた。

 しかしながら、この報道に対し、カンボジア労働省の広報担当者は、「そのような約束は知らないし、現在そのような交渉があるかどうかも確認できていない」と語った。

関連記事
労働
外国人労働許可証などの査察を強化する予定 カンボジア労働省[労働]
(22日)
労働
カンボジア縫製業 最低賃金法案の協議終結[労働]
(03日)
日系
プロキャスト 介護労働者の為に300万ドル資金援助 カンボジア[日系]
(01月20日)
労働
最低課税所得基準額 今月より300ドルに カンボジア[労働]
(01月19日)
経済
工場での失神者数 前年に比べ3割減 カンボジア[経済]
(01月12日)
経済
シンガポールとの租税協定 1月1日より開始 カンボジア[経済]
(01月11日)
あわせて読みたい
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
特集
カンボジアフードビジネス 価値創造 Vol.02
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース