カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2016年11月10日
  • カンボジアニュース

最低賃金改定なるもカンボジア工場労働者の流出に首相が疑問視[労働]

news_201611113 (1)
(c)Khmer Times

 カンボジアのフン・セン首相は7日、来年1月に縫製業などの最低賃金を月額153ドルまで上げることになったにも関わらず、なぜカンボジアの若者がタイに出稼ぎに行くのかと疑問視する発言をした。クメールタイムズ紙が報じた。

 フン・セン首相は国立技術訓練大学校の卒業式典で、「タイへ出稼ぎに行くカンボジア人は、最低賃金が153ドルと知っていているはずだ」と述べた。

 クメールタイムズ紙によれば、約100万人のカンボジア人がタイに出稼ぎに出ており、その多くは違法だ。建設業、農業、漁業などに従事している。

 イット・ソムヘーン労働大臣によれば、月に1万人が職を求めてタイに流出している。

 フン・セン首相は、「カンボジアの工場が国内に留まるためには、技術能力を押し上げ、生産性とクオリティを向上させる必要がある。また、産業への投資呼び込みのためにも、人材育成が必要だ」と語った。

関連記事
経済
タイのコメ製品のパッケージにアンコールワット寺院を無許可で使用[経済]
(14日)
社会
タイ国境沿いに新しい道路建設計画を中国に提案 カンボジア[社会]
(13日)
労働
カンボジア労働法 従業員の権利保証へ向け改正へ[労働]
(03日)
法律
閣僚評議会、最低賃金法案と改正労働法を承認 カンボジア[法律]
(05月29日)
労働
カンボジアとタイ 移民合法化に向けた話し合い[労働]
(05月27日)
労働
建設ブームの裏に非熟練労働者の低賃金[労働]
(05月12日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース