カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2016年11月10日
  • カンボジアニュース

最低賃金改定なるもカンボジア工場労働者の流出に首相が疑問視[労働]

news_201611113 (1)
(c)Khmer Times

 カンボジアのフン・セン首相は7日、来年1月に縫製業などの最低賃金を月額153ドルまで上げることになったにも関わらず、なぜカンボジアの若者がタイに出稼ぎに行くのかと疑問視する発言をした。クメールタイムズ紙が報じた。

 フン・セン首相は国立技術訓練大学校の卒業式典で、「タイへ出稼ぎに行くカンボジア人は、最低賃金が153ドルと知っていているはずだ」と述べた。

 クメールタイムズ紙によれば、約100万人のカンボジア人がタイに出稼ぎに出ており、その多くは違法だ。建設業、農業、漁業などに従事している。

 イット・ソムヘーン労働大臣によれば、月に1万人が職を求めてタイに流出している。

 フン・セン首相は、「カンボジアの工場が国内に留まるためには、技術能力を押し上げ、生産性とクオリティを向上させる必要がある。また、産業への投資呼び込みのためにも、人材育成が必要だ」と語った。

関連記事
経済
カンボジアからタイへの医療観光 長期の医療ビザが可能に[経済]
(15日)
経済
タイ輸出入銀行 進出するタイ企業の支援のためカンボジアに事務所開設[経済]
(13日)
労働
カンボジア 1000人のメイドを香港に派遣する計画[労働]
(11日)
経済
タイの自動販売機メーカー カンボジアへ進出[経済]
(08日)
経済
バンコクの大手日本食チェーン プノンペンに進出予定[経済]
(08日)
経済
メイバンクにより設立されたシルク織物訓練センター 地方の女性雇用に貢献[経済]
(04日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース