カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2016年8月17日
  • カンボジアニュース

カンボジア入国管理局、不法滞在の中国人190人を逮捕[労働]

news_201608172
(c)Fresh News

 カンボジア入国管理局が今週火曜日、ソク・パル長官からの勅令を受け、不法滞在して建設現場で働いていた中国人190人を逮捕した。建設現場は、プノンペン都チャムカーモン区のトンレバサック地区にある「シノ・グレートウォール」だ。フレッシュニュースが報じた。

 同局局長によれば、逮捕された中国人らは不法に又は許可なしで国内に滞在・労働していたが、現在は全員がビザやパスポート、労働許可書などの必要書類を所持しているという。

logoCDfinal@2x
本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
建設や不動産業からの税収 4年間で3億6600万ドル カンボジア[経済]
(16日)
経済
シアヌークビル 1億ドルの新プロジェクトが建設開始へ カンボジア[経済]
(04日)
経済
バッタンバンにセメント工場建設予定 1日5000トンの生産可能[経済]
(03日)
経済
150社以上集まる建築・デザイン製品の博覧会開催 カンボジア[経済]
(05月28日)
労働
建設ブームの裏に非熟練労働者の低賃金[労働]
(05月12日)
経済
カンボジアの不動産業界 7月の選挙後も混乱なく、好調の兆し[経済]
(05月08日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
業界
建設現場でのカンボジアと日本の違いを間近で見てわかったこと[建設・内装] 谷俊二(2/2)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース