カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2017年7月3日
  • カンボジアニュース

日本のNGO カンボジアの障害を持つ子どもに30万ドル支援[日系]

news_201707032
(c)Khmer Times

 29日、日本のNGOは、カンダール州の4つの小学校に対し、障害を持つ子どもたちへの教育機会の提供を支援するために、およそ30万ドル相当の援助を行う契約を締結した。クメールタイムズ紙が報じた。

 この契約は、国際NGOの難民を助ける会(AAR Japan)は、学校の改築と教員の養成のために27万9038ドルを提供するという。

 AAR Japanは1990年代初めからカンボジアで支援を行なっており、職業訓練センターの建設、車いすの製造と配布などを通じ、障害を持つ学生への支援に集中してきた。

関連記事
社会
ラタナキリ州の少学校 モバイルアプリで読解力の向上を促進[社会]
(13日)
経済
国連の開発目標達成に 情報技術への投資が不可欠[経済]
(10月27日)
社会
カンボジア 飢餓状態が改善される 国際食糧政策研究所が発表[社会]
(10月21日)
経済
カンボジア中央銀行 金融リテラシーの教育を初等・中等教育に導入を予定[経済]
(10月01日)
社会
カンボジアの高校卒業試験合格者がわずかに増加 試験改革の効果か[社会]
(09月12日)
法律
弁護士会への援助予算を50%引き上げ 貧困層や児童の司法アクセスに貢献[法律]
(08月31日)
あわせて読みたい
特集
カンボジアのシリコンバレー
注目
ヒマワリホテルからニューイヤーイベントのお知らせ
注目
ヒマワリホテルから2周年クリスマスフェアのお知らせ
特集
本音調査アンケート 調査リポート04―日本人の常識はカンボジア人の非常識
業界
子ども達にとって社会や考え方に寛容になることが求められている [教育・学習支援] ヒーザー・ゴーレン
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース