カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2017年7月3日
  • カンボジアニュース

日本のNGO カンボジアの障害を持つ子どもに30万ドル支援[日系]

news_201707032
(c)Khmer Times

 29日、日本のNGOは、カンダール州の4つの小学校に対し、障害を持つ子どもたちへの教育機会の提供を支援するために、およそ30万ドル相当の援助を行う契約を締結した。クメールタイムズ紙が報じた。

 この契約は、国際NGOの難民を助ける会(AAR Japan)は、学校の改築と教員の養成のために27万9038ドルを提供するという。

 AAR Japanは1990年代初めからカンボジアで支援を行なっており、職業訓練センターの建設、車いすの製造と配布などを通じ、障害を持つ学生への支援に集中してきた。

関連記事
労働
カンダール州の衣服作業員84人が失神などの被害 カンボジア[労働]
(25日)
経済
新空港開発に向けカンダール州・タケオ州の土地売買を一時的に停止[経済]
(04日)
社会
中学校中退者向けにオンライン教育 カンボジア教育省[社会]
(01月23日)
社会
プノンペン-カンダール州を結ぶ環状道路3号線が着工[社会]
(01月20日)
社会
カンボジアの教育部門の汚職は大きく改善[社会]
(01月11日)
経済
水上タクシー さらに多くの駅の建設を検討 カンボジア[経済]
(12月12日)
あわせて読みたい
特集
卒業生の収入とITレベルが、圧倒的。世界トップレベルのIT事業が始まる。
特集
ただ代わりに得るものは、世界へ飛び立てる切符。
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート04―日本人の常識はカンボジア人の非常識
業界
インターナショナルスクールの定義が整備されていない[教育・学習支援]ペッチ・ボレン
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース