カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2016年11月23日
  • カンボジアニュース

日系肥料会社が出資する合弁会社、カンボジア農家に国内産肥料を提供開始[日系]

news_20161123
(c)Phnom Penh Post

 肥料製造企業であるナンゴク・アグリカルチャー・デベロップメント(Nangoku Agriculture Development)が21日、地元農家に国内産肥料を提供する事業を開始した。プノンペンポスト紙が報じた。

 同社は、カンボジアのバイヨンヘリテージ・ホールディンググループが株式の60%を所有し、パートナー企業は日系の南国興産株式会社。

 バイヨンヘリテージのCEOによれば、カンダール州国道4号線沿いに肥料プラントを建設しており、年間3万トン以上の有機肥料が生産される見込みだ。

 同グループは2007年から南国興産より肥料を輸入していたが、肥料市場の堅実な需要成長を見て投資を決定したという。相場価格は、肥料50キロあたり平均25ドルと比較的高い。

 同氏は、「これまでの種類に加え、新たな種類の肥料も手頃な価格で提供していきたい」と語った。

 カンボジア農林水産省によれば、今年上半期だけで肥料57万トンも輸入しており、これは2015年総輸入量に相当する。なお、ベトナムからの輸入が60%、タイからが30%を占める。

 肥料需要は高く、台湾系肥料企業も年間9万トンの生産を見込む事業計画をプレアシアヌーク州で行うと発表しているほか、カンダール州ではベトナム系企業が年35万トンの肥料を生産している。

関連記事
経済
二国間協定の一環で中国人専門家が農業研究を開始 カンボジア[経済]
(17日)
経済
農林水産大臣はより安全な食糧を強く求める カンボジア[経済]
(16日)
経済
バナナ農家に政府への登録を指示 カンボジア[経済]
(16日)
経済
果物輸出のガイドラインが完成間近 カンボジア [経済]
(13日)
経済
上位中所得国を目指すカンボジアへ支援を継続するようEUに要請[経済]
(08日)
経済
商業大臣 バッタンバンの製粉工場への投資を中国企業に要請[経済]
(07日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース