カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年4月16日
  • カンボジアニュース

PPCBankが社債上場 商業銀行としては2例目 カンボジア[経済]

news_202004163-min
(c)Khmer Times

 カンボジアの商業銀行であるPPCBankは、現地通貨リエル建て社債発行をSECCに申請し、4月10日に承認された。クメールタイムズが報じた。

 同行は新型コロナウイルスの感染動向を考慮して、社債800億リエルを400億リエルずつ2回に分けて資金調達する。債券の満期は3年、年間表面利率は6.5%となる予定。

 カンボジアでは2017年8月、国内の証券業界全体の管理運営を行うSECCが社債発行に関する規制を定めたことにより、資金調達を目的とした社債発行が可能となっている。カンボジア証券取引所(CSX)に社債を上場する商業銀行としては2例目。

関連記事
経済
PPCBankは、カンボジア証券取引所で社債の上場を検討[経済]
(01月03日)
経済
PPCBank、カンボジア国内21店舗に拡大しSMEセンターを新設[経済]
(12月27日)
社会
PPCBank、カンボジアの医療支援で届ける“視力の贈り物”[社会]
(11月27日)
経済
カンボジア中央銀行、銀行間小売決済システムを開始[経済]
(10月17日)
経済
カナダ・ナショナル銀行、ABA銀行を完全子会社化 カンボジア[経済]
(10月08日)
経済
PPCBank(プノンペン商業銀行)の純利益が急増[経済]
(16日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
注目
プノンペン商業銀行(PPCBank)プノンペンタワー支店が店舗移転
注目
商品、サービス、支店網の拡大を通じてより身近な銀行に~開業10周年を迎えるプノンペン商業銀行~
注目
CASA BY MERIDIAN GFにてKOH PICH支店開設記念  PPCBANK代表 アンドリュー・ シン氏との対談
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース