カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年1月3日
  • カンボジアニュース

PPCBankは、カンボジア証券取引所で社債の上場を検討[経済]

news_201901031
(c)Khmer Times

 韓国JBフィナンシャルグループの子会社であるPPCBank(プノンペン商業銀行)は、昨年の好業績の後、拡大を計画している。クメールタイムズが報じた。

 同行は2008年からカンボジアで営業を開始し、現在21か所の本店・支店と46か所のATMを所有しており、今後は地方都市を中心に4支店増やす計画がある。さらに拡大戦略を支援するための資金調達手段として、カンボジア証券取引所(CSX)で社債を上場することを検討している。

 同行のシン・チャン・モー頭取は、「可能であれば今年第1四半期に実施を望んでいる。カンボジア国立銀行は前向きだ」と述べ、「中小企業は可能性を秘めている。カンボジア経済で共に成長できるように、中小企業の発展に貢献したい」と付け加えた。

 これまで中小企業は、融資を受ける上で必要な過去のローンパフォーマンスデータが非常に少ないため、十分なサービスを受けられず、企業の成長が制約されている。

 同行は昨年6月、カンボジアの中小企業の成長を促進するために国際金融公社(IFC)とリスクシェア協定を締結し、PPCBankが企業を支援するためにIFCのリスク共有機能を使用できるようにした。これにより、同行は特に中小企業などの既存の顧客に対して、より包括的なサービスを提供していく。

関連記事
経済
カンボジア中央銀行、通貨市場に介入してリエルの価値を維持[経済]
(08月30日)
経済
カンボジアの工場数、今年上半期に増加[経済]
(08月08日)
経済
2023年上半期にカンボジアの外貨準備が184億ドルに増加[経済]
(08月03日)
経済
カンボジアの2023年の成長見通し、NBCが5.5%に上方修正[経済]
(08月02日)
政治
カンボジア中央銀行の歴史を塗り替える:チア・セレイ氏が初の女性の国立銀行総裁に任命[政治]
(07月31日)
経済
シンガポールとカンボジアの間に設立された金融透明性回廊が中小企業をサポート[経済]
(07月12日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
注目
プノンペン商業銀行(PPCBank)プノンペンタワー支店が店舗移転
注目
商品、サービス、支店網の拡大を通じてより身近な銀行に~開業10周年を迎えるプノンペン商業銀行~
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース