カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2016年5月4日
  • カンボジアニュース

ゴールドタワー42が再始動に債権者向け任意請求の受付開始[経済]

news_20160403_mini
(c)Khmer Timas

 ゴールドタワー42の所有者、ヨン・ウー・カンボジア(Yon Woo Cambodia)は、5月12日に任意の請求申立てを受け付けると債権者、買主、賃借人に呼びかけた。

 「プロジェクトの正常化に向け、関連する全ての請求を可能な限り円満に解決することが不可欠である」と同社の顧問弁護士を務めるHBSローの弁護士は述べ、ヨン・ウーは、プノンペンのインフラ環境改善のため、できるだけ早く問題を解決するよう最善の努力を尽くしていると話したとクメールタイムズ紙が報じている。受付けた全ての請求はケースバイケースで個別に検討され、任意の債権者、買主、賃借人と話し合いの後、裁量権の行使を検討するという。

 プロジェクトは2008年に始まり世界的な金融危機後の2009年、2012年など3回延期されたが、2013年に再開しタワーは32階に達している。元々ゴールドタワーはヨン・ウーとハンニルエンジニアリング建設の2つの建設会社がオーナーだったが、企業間紛争が起こり、韓国商事仲裁委員会によって2012年、ハンニルエンジニアリングがヨン・ウーに3000万ドルの補償金を支払うよう命じられた。

 国土整備・都市化・建設省によると、ヨン・ウーのダイレクターからは、2月の工事再開に向けて12月上旬に政府へ公式に申し出ており、ヨン・ウーが建設を監督し、資金は別の韓国企業である大韓不動産から賄われる。

 なお、受付期間内に申し立てをしなかった原告は、権利を放棄したものと見なすと顧問弁護士は述べている。

関連記事
経済
建設プロジェクト増加も カンボジア人への恩恵は少ない[経済]
(19日)
経済
急速な都市化・人口増加 2030年までに約80万の住宅が必要 カンボジア[経済]
(12月31日)
社会
カンボジアの道路の半分以上が「粗悪」と分類 公共事業運輸省[社会]
(12月19日)
経済
ボレイやインフラ開発により人気が上昇 チョロイチャンバー区[経済]
(12月12日)
経済
チア・ソパーラ―建設大臣 建設業の法律や規制に従うよう要求[法律]
(12月12日)
経済
レンタルオフィス世界最大手リージャス プノンペンに2つ目の拠点を設置[経済]
(11月24日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
注目
CASA BY MERIDIAN GFにてKOH PICH支店開設記念  PPCBANK代表 アンドリュー・ シン氏との対談
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース