カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年8月31日
  • カンボジアニュース

専用アプリで固定資産税の支払い方法を簡素化 カンボジア[経済]

20200831-1
(c)Khmer Times

 カンボジア租税総局(GDT)は固定資産税等の納税を簡素化し、今後は専用のアプリで支払いを可能にする方針だ。クメールタイムズが報じた。

 現在不動産などの納税はGDTの提携する銀行を経由して支払いが行われている。

 GDTのコン・ヴィボル総局長は、「固定資産税が専用アプリを利用して支払いが可能となれば、銀行や支払い代行業者に足を運ぶ必要がなく、いつでもどこでも支払いが可能となる」と述べた。

 GDTによると、現在固定資産税は不動産の評価額が2万4225ドル以上の不動産に対して課税されており、毎年資産価値に対して0.1%の税率で徴収されている。

 またカンボジア政府は国の歳入の底上げを図るために、不動産や株式、外貨預金などに関して来年からキャピタルゲイン税の徴収を実施する予定であり、住宅売却に関しては売却益の20%が税率として適用される見込みだ。

関連記事
経済
キャピタルゲイン税の徴収を2021年末まで延期 カンボジア[経済]
(23日)
社会
騙された住宅購入者達、将軍に対し非難の声 カンボジア[社会]
(08月04日)
経済
今年上半期の商業スペースの賃料、近年最大の下落 カンボジア[経済]
(07月29日)
経済
カンボジア上半期財政収入、20億5000万米ドルに微減[経済]
(07月20日)
経済
経済財政省、第1四半期の税収は14億ドルと発表 カンボジア[経済]
(05月15日)
経済
プノンペンの不動産販売は依然として堅調 カンボジア[経済]
(04月08日)
あわせて読みたい
注目
最新のプノンペンお買い物スポット エクスチェンジスクエア!
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース