カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年8月12日
  • カンボジアニュース

好調な銀行部門において、小規模な銀行が取り残されている カンボジア[経済]

20200812
(c)Phnom Penh Post

 メコンストラテジックパートナーズ(MSP)のレポートによると、銀行部門の2019年の収益は前年比23%増、利益が46%増と好調だったにもかかわらず、小規模銀行の不良債権数が多いことにより株主資本利益率(ROE)は11.7%と低水準にとどまった。プノンペンポストが報じた。

 昨年の銀行部門における貸付額は24%増加、預金額は15%増加しており、マイクロファイナンス機関を含む金融セクター全体の総貸付金額は320億ドルに達している。

 しかしROEが15%以上ある銀行は現在12行あるが、ROEの低い小規模な銀行が昨年末時点で60行ある。

 MSPによると、過去10年間の銀行部門の収益は年平均28%の成長を達成してきたが、ここ5年間での成長率は年平均20%と低下している。カンボジアの銀行部門は急成長しているが、現在小規模で不良債権を抱える銀行が多数あるため、統合の必要性が高まっている。

 MSPのマネージングパートナー、スティーブン・ヒギンズ氏は、「許容範囲であるROEを維持するためには、少なくても4億ドル以上の貸付規模が必要となる。しかし昨年末時点でこの水準を満たす銀行はわずか16行のみだ」と述べている。

 MSPはカンボジア国立銀行(NBC)に対し、2016年に最低資本要件を3750万ドルから7500万ドルに倍増させた時と同様に、2023年から2025年までの間に最低資本を1億5000万ドルに引き上げるよう提案している。

関連記事
経済
上半期のインフレ率は2.5%上昇 カンボジア[経済]
(07月10日)
経済
脱ドル化経済に向けての金融政策[経済]
(07月01日)
経済
マイクロファイナンス機関、約8億ドルの返済条件変更を承認 カンボジア[経済]
(06月08日)
経済
中銀、小額ドル紙幣の受入を制限 カンボジア[経済]
(05月29日)
経済
新興市場からの海外直接投資(FDI)減少 カンボジア経済に深刻な影響[経済]
(04月22日)
経済
マイクロファイナンス機関(MFI)  債務者に対し負担軽減措置を実施 カンボジア[経済]
(04月20日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
カンボジアの銀行はより強く、より信頼度が高くなる[金融]ソー・フォナリー
業界
人々はエネルギーに溢れ、チャンスに満ち溢れています[金融]レオニー・レスブリッジ (1/2)
業界
中小企業には更なるビジネス成長を期待[金融]ブン・モニー (1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース