カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年4月15日
  • カンボジアニュース

養豚農家の拡大には金融機関からの融資が必要 カンボジア[経済]

20200415-1
(c)Phnom Penh Post

 新型コロナウイルスの感染拡大(パンデミック)の影響により政府が国境間での移動制限を課す中、国内生産能力の強化は政府の優先事項となっている。プノンペンポストが報じた。

 大手養豚業者は、「価格上昇と需要増加が生産の拡大を促進させているが、投資資金はほとんど自己資金で賄われているため、早期の事業拡大は難しい」と話している。

 昨年のアフリカ豚熱の感染被害により、金融機関は養豚ビジネスをリスクの高い事業と認識し、融資審査が厳しくなっている。

 カンボジア家畜飼育者協会(CLRA)の幹部であるスルン・ポウ氏は、「金融機関からの融資が国内生産を促進し、海外からの輸入量を減少させることができる。養豚農家に対してもっと資金を融資する必要があると、今までに何度も要求してきた」と述べた。

関連記事
社会
ベトナムとの国境制限が3ヶ月ぶりに解除 カンボジア[社会]
(06月23日)
経済
第1四半期、タイとの貿易額が31億ドルに達する カンボジア[経済]
(06月16日)
経済
第1四半期の対米輸出は前年比42%増 カンボジア[経済]
(05月08日)
経済
国境制限のなかでもタイとの貿易額は増加 カンボジア[経済]
(05月04日)
経済
タイのロックダウン後も貿易額は増加 カンボジア[経済]
(04月08日)
経済
カンボジアとロシア 二国間貿易の強化を図るためFTAに向けて始動[経済]
(03月26日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース