カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年12月17日
  • カンボジアニュース

カンボジア開発評議会、新しい投資法の起草を始める[経済]

news_201912171
(c)Khmer Times

 フン・セン首相は15日、プノンペンで開催された第14回カンボジア輸出入一州一品展示会の場で、「ビジネス環境を改善する政府の改革の一部として、新しい法律によって高い透明性と公正な競争の促進を図り、国への投資を呼び込む」と述べた。

 カンボジア開発評議会(CDC)によると、アクティブな経済特区(SEZ)は23か所ある。これらSEZには490軒の工場があり、合計13万人の雇用を創出している。

 カンボジア商工会議所(CCC)の副会頭であるリム・ヘン氏は、「多くの外国人投資家は、官僚的な手続きが容易になるため、SEZに工場を設立したいと考えている。SEZには、企業が必要とするすべてのインフラストラクチャもある」と述べ、「私たちは引き続きSEZに関する古い法律を順守しているが、インダストリー4.0のような現在のトレンドに追いつくためには、この法律を更新することが重要だ」と付け加えた。

 現在は、CDCが起草しており、CCCも起草に関する意見を提供している。

 フン・セン首相は、「カンボジアは、外国からの直接投資によって持続可能な形で発展させるための財源や技術、ノウハウなどを得た。また、外資はカンボジア人の雇用機会を増やし、国内生産を拡大させ、カンボジアで生産された製品の品質を改善してくれた。政府は、生産基盤の拡大として、インフラストラクチャの開発やロジスティクスの改善、電力コストの削減など、まだやるべきことがある」と述べた。

関連記事
経済
カンボジアと韓国の二国間貿易が急拡大[経済]
(05日)
経済
経済特区からの総輸出額、前年比27%増 カンボジア[経済]
(01日)
経済
カンボジアへの外国直接投資額、2020年は10%増を予測[経済]
(01月10日)
経済
米中貿易戦争の影響により増加する直接投資 カンボジア[経済]
(01月07日)
経済
シアヌークビル、新たに4つの工業団地設置へ[経済]
(11月19日)
経済
タイの大型スーパーBig C、カンボジア・ポイペトに進出[経済]
(10月08日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース