カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年8月29日
  • カンボジアニュース

トゥールコーク区の商業施設の建設作業が中断[経済]

news_201908291
(c)Khmer Times

 トゥールコーク区長は、DNCモールと名付けられたボンコック2地区にある商業施設の建設作業を中断させている。クメールタイムズ紙が報じた。

 建物の基礎部分を構築した状況で中断されている商業施設は、完成すれば高さ19.9メートル、延床面積6719.62平米になる予定。シアヌークビルで発生したビル崩壊事故を契機に実施された一斉調査の際、建設許可が無いことが判明した。区長は、所有者に対し建設許可を得るよう要請している。

 社会的責任の問題に対して取り組む非営利団体ANSA-EAPの代表は、「このような建築がたくさんあると思う。建設許可の取得は長く複雑なプロセスであるため、一部の投資家は、同時に許可を要求するか、竣工するまで建設許可の承認を伸ばしながら、建設を進めることを望んでいる」と述べた。

関連記事
経済
プノンペン都、中国人投資家に低価格住宅への投資を要請[経済]
(05日)
経済
今後3年間で公共投資に144億ドルを費やすことを承認 カンボジア[経済]
(02日)
社会
14棟の建物が安全でないと判断され解体命令 カンボジア・シアヌークビル[社会]
(08月28日)
経済
カンボジア産レンガの価格が過去18か月間安定[経済]
(08月19日)
経済
シアヌークビル市内の建設プロジェクト22か所に一時停止命令[経済]
(08月05日)
労働
フン・セン首相、増えすぎる中国人労働者の必要性を主張[労働]
(07月30日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース