カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年5月28日
  • カンボジアニュース

中国から高炉を移設する計画 カンボジア[経済]

news_201905281
(c)Phnom Penh Post

 中国国営の鉄鋼会社、宝鋼集団(China Baowu Steel Group)は、高炉を中国北西部の新疆ウイグル自治区からカンボジアに移転する計画を明らかにした。プノンペンポスト紙が報じた。

 中国の高炉は、設備能力の過剰や電炉の導入の影響により利用価値が低下しているため、同社の子会社が所有する高炉も2017年に閉鎖されている。しかし、中国では古い設備でも、カンボジアでは利用価値があるとして移設の計画があるという。

 ベトナム税関当局のデータによると、昨年1月から7月までに、カンボジアはベトナムから71万7572トンの鉄鋼を輸入しており、前年同期比で49%増加している。高炉の移設によって、国内インフラの整備、建設業の成長などによる鉄鋼需要の高まりに応えることが期待されている。

 カンボジア商工会議所の副会頭のリム・ヘン氏は、「カンボジアの建設部門における鉄鋼需要の90パーセント以上が輸入されていると思います。プロジェクトが実現すれば、地元市場に鉄鋼を供給し、カンボジアの貿易赤字を減らすのに役立つだろう」と彼は述べた。

関連記事
社会
プノンペン近郊の3か所で地下駐車場が計画 カンボジア[社会]
(07月06日)
経済
建設業界のマイナス成長は2021年に回復予想 カンボジア[経済]
(06月23日)
経済
パンデミックによる不動産業界への影響 低価格帯物件は堅調 カンボジア[経済]
(04月02日)
経済
手頃な価格の住宅の開発が焦点になると予測 カンボジア[経済]
(01月13日)
経済
カンボジアの建設投資が好調 前年同期比3割超[経済]
(10月18日)
労働
カンボジアの建設労働者数、30%減少[労働]
(10月17日)
あわせて読みたい
特集
トップインタビュー イエローツリー・インテリア バーニー・ダーキン(1/3)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
プノンペンの不動産は依然として健全[建設・内装] ミース・プロックサー
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース