カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年3月10日
  • カンボジアニュース

モバイル決済プラットフォーム、パイペイ RHB銀行と業務提携[経済]

news_20190310
(c)Khmer Times

 カンボジアのモバイル決済プラットフォームであるパイペイは、RHBインドシナ銀行と業務提携し、同行の顧客は、モバイルウォレットとRHB口座間でシームレスに資金を移動させることができる。クメールタイムズ紙が報じた。

 RHB銀行は、マレーシア最大の金融サービスグル​​ープの1つですで、シンガポール、タイ、ベトナム、ラオス、香港など、東南アジア全域に300以上の支店を所有する。カンボジア国内では12の支店があり、そのうち8支店はプノンペンにある。

 パイペイは、2017年にスタートして以来、既に25万人以上のアクティブユーザーを抱え、資金移動の総額は1億4000万ドル以上にのぼる。同社これまでABA銀行サタパナ銀行、マイクロファイナンス機関のAMKなどの金融機関との間で同様の業務提携を行っている。

 また、中国最大のオンライン決済サービス、アリペイとウィチャットの正規プロバイダーとして、シェムリアップやシアヌークビルなどの観光地を訪れる中国人のための支払い環境の構築を支援している。

関連記事
経済
カンボジアのフィンテック業界、サイバーセキュリティの問題に対処すべきと専門家[経済]
(02日)
経済
PPCBank(プノンペン商業銀行)の純利益が急増[経済]
(08月16日)
経済
カンボジア中銀主導の決済アプリ「Bakong」をテスト[経済]
(07月24日)
経済
PPCBank、国際金融公社(IFC)とリスクシェア協定を締結[経済]
(06月10日)
経済
カンボジアは今後7年間でキャッシュレス決済が劇的に増加と予測[経済]
(06月07日)
経済
カンボジアとシンガポール 金融技術向上のため協力 [経済]
(04月08日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
まだ未開発の地域がカンボジアのポテンシャル[金融・保険]トーマス・ポコルニー(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース