カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年1月19日
  • カンボジアニュース

コンドミニアムはハイエンドから手頃な価格の物件にトレンドは移行する[経済]

news_201901191
(c)Construction & Property

 カンボジアの大手不動産会社CBREカンボジアの最新のレポートによると、プノンペンのコンドミニアム市場は2019年に急激な変化が見込まれるという。コンストラクション&プロパティが報じた、

 2018年第4四半期の分譲マンション完成の遅れにより、2019年第1四半期と第2四半期には在庫の増加を引き起こすとし、2019年末までに低価格帯のコンドミニアムの供給が現在の3530戸から7057戸に増加すると指摘している。

 2019年のトレンドは、ハイエンドから手頃な価格の物件に移行するとしており、CBREカンボジアの責任者は、「3年前、市場は外国人投資家向けのミッドエンドとハイエンドに焦点が当たり、供給過多となった」と語った。また、2019年はカンボジア人の買い手の増加により、実需も増えるという。

 現在、低価格帯のコンドミニアムは1平方メートルあたり1600ドル未満で、ミッドエンドはおよそ2500ドル、ハイエンドは3300ドル以上となっている。

関連記事
経済
メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]
(11日)
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(01月16日)
経済
プノンペンの賃貸可能戸数が3倍になると予想[経済]
(01月08日)
経済
シアヌークビルの建設プロジェクトでホテルの売却を中止 シンガポール系企業[経済]
(12月25日)
経済
高層ビジネスセンターのユニット販売促進に関する覚書 カンボジア[経済]
(11月25日)
経済
トンレサップ川沿いに大規模開発プロジェクト開始 カンボジア[経済]
(11月24日)
あわせて読みたい
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース