カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年10月23日
  • カンボジアニュース

タクマウ市で新しい住宅プロジェクト カンボジア[経済]

keizai_201810232
(c)Khmer Times

 カンダール州のタクマウ市の不動産市場が急速に発展する中、台湾とカンボジアの投資家は、新しい住宅プロジェクトを発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 現在、プノンペンのいくつかの地域はほぼ飽和しているが、タクマウ市にはまだ多くの土地があり、開発者が増えている。

 このプロジェクトを販売する唯一の代理店であるセンチュリー21のチレク・ソクニムCEOは、「全体のプロジェクトは3000平方メートル以上に広がっている」と述べた。

 すでに10軒が購入されており、そのすべてがカンボジア人によって購入されている。

関連記事
経済
水上タクシー さらに多くの駅の建設を検討 カンボジア[経済]
(12日)
経済
高層ビジネスセンターのユニット販売促進に関する覚書 カンボジア[経済]
(11月25日)
経済
トゥール・コーク区の賃貸マンションの供給が3倍に増加 カンボジア[経済]
(11月03日)
経済
コンドミニアムの供給が僅かに増加 カンボジア[経済]
(10月25日)
経済
カンボジア参入を模索する英国の建設会社が急増[経済]
(10月18日)
経済
中国企業 シハヌークビルに数十億ドルを投資 カンボジア[経済]
(10月15日)
あわせて読みたい
注目
最新のプノンペンお買い物スポット エクスチェンジスクエア!
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース