カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年10月18日
  • カンボジアニュース

カンボジア参入を模索する英国の建設会社が急増[経済]

keizai_20181018
(c)realestate

 英国の貿易代表団は、パン・ソラサック商業大臣との会合で、「現代の技術と新しい建築技術を駆使してカンボジアの建設業を発展させるために、カンボジアの市場に参入する機会を模索している英国の建設会社が急増している」と述べた。リアルエステートが報じた。

 外国資本が大量に参入したことにより、カンボジアはビルブームの真っ只中にあり、プノンペン、シハヌークビル、シェムリアップなどの都市は、高層ビルやさまざまなタイプの住居、商業、複合用途の開発に満ちている。

 昨年の上半期、国土整備・都市化・建設省は、 966社の建設会社を登録し、そのうちの408社は外国建設会社だった。

 英国からの建設会社の進出は、建設基準と技術の不十分さに悩まされてきたカンボジアの不動産部門の成長にとって有益なものになる。

 カンボジアの英国商工会議所には、78の英国関連会社が加盟している。

関連記事
経済
関係省庁連携で違法建設現場を食い止める カンボジア[経済]
(09日)
社会
建設中の建物内部で労働者が生活することを禁ずる カンボジア[社会]
(08日)
社会
プレアシアヌーク州知事、鉄骨造の建設を直ちに中止するよう命令[社会]
(05日)
社会
ビル倒壊事故の被害者への寄付金が251万ドル集まる カンボジア[社会]
(06月28日)
労働
アスベストの使用禁止する法律の制定を計画 カンボジア[労働]
(06月28日)
経済
5つの建設プロジェクトで建設許可が無いことが判明 カンボジア[経済]
(06月27日)
あわせて読みたい
注目
最新のプノンペンお買い物スポット エクスチェンジスクエア!
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース