カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年10月16日
  • カンボジアニュース

証券取引所に上場させるよう求める カンボジア[経済]

keizai_20181016
(c)Khmer Times

 証券業界関係者は、カンボジア国立銀行(NBC)とカンボジア証券取引委員会(SECC)に、より多くの銀行とマイクロファイナンス機関(MFI)、保険会社を証券取引所に上場させるよう求めた。クメールタイムズ紙が報じた。

 RHBインドシナ証券のCEOは、「通貨は株式市場の成長の限界の一つの課題だ。現地通貨やリエルを取引に使用すると、投資家は取引に影響を与える変動率を恐れるため、投資家を引きつけるのが難しい。政府は、米ドルを株式市場の取引通貨とみなすべきである。我々は既に経済システムにドルを持っているので、より多くの投資家を市場に誘致することができるだろう」と述べた。

 カンボジア証券取引所(CSX)の副会長は、「株式市場は企業の競争力を高め、投資を誘致するプラットフォームである。短期的には、カンボジアの銀行やMFIが今後3年間で市場に上場する考えている」と述べた。

関連記事
経済
プノンペン経済特区、今年第2四半期の収益は堅調に増加[経済]
(23日)
経済
プノンペン自治港、今年1月から7月の間の物流量が大幅に増加[経済]
(23日)
経済
グランドツインズインターナショナル、第2四半期の成績も好調[経済]
(20日)
経済
工業手工芸省の高官、中小企業に株式上場を促す[経済]
(20日)
経済
PPCBank(プノンペン商業銀行)の純利益が急増[経済]
(16日)
経済
カンボジア証券取引所、取引時間を大幅延長[経済]
(15日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
業界
上場には多大な努力が必要とされている[金融・保険]ホン・ソク・ホー(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース