カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年7月8日
  • カンボジアニュース

アジア開発銀行 カンボジアの農業近代化のため9000万ドルの融資[経済]

news_201807081
(c)Khmer Times

 アジア開発銀行(ADB)は4日、カンボジアが農業部門を近代化させるため9000万ドルの融資を承認した。クメールタイムズ紙が報じた。

 このプロジェクトは、コメ、トウモロコシ、マンゴーなどの生産の競争力を向上させながら、農業基盤の回復力を高めるために計画されており、農協のバリューチェーンインフラや農道の整備、安全性と品質試験の改善、温室効果ガス排出削減のための再生可能エネルギーの促進を目指している。

 このプロジェクトは、アグリビジネス・バリューチェーン部門プロジェクトと呼ばれており、実施するには1億4000万ドル以上の費用がかかる見込みだ。

 ADBが管理する緑の気候基金(GCF)からも1000万ドルの融資と3000万ドル助成金が提供される予定で、これはカンボジアで初めてGCFから資金提供を受けたプロジェクトとなる。

 このプロジェクトは2024年までに完了する予定。

関連記事
経済
2018年のコメ総収穫量は750万トン 対前年3.5%増 カンボジア[経済]
(06日)
経済
欧州連合(EU)がカンボジアのコメに関税を課すことを決定[経済]
(01月18日)
経済
コメの輸出量が13%減少 カンボジア[経済]
(12月22日)
経済
香港企業出資のキャッサバ加工工場 来年までに稼働 カンボジア [経済]
(12月20日)
経済
カンボジア胡椒農家 低価格続き厳しい状況[経済]
(12月10日)
経済
カンボジア胡椒 新たなマーケットを模索[経済]
(12月06日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース