カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年6月15日
  • カンボジアニュース

サタパナ銀行が送金サービス「ウィング」と提携 カンボジア[経済]

news_201806153
(c)Khmer Times

 日系企業であるサタパナ銀行は12日、電子決済・送金サービスのウィングと提携し、顧客にオンライン決済や送金などの幅広い金融サービスを提供することを発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 この新たな提携の下で、サタパナ銀行の顧客はウィングの代理店や同モバイルアプリなどを通じてローン返済や資金送金を行うことができる。ウィングのジョジョ・マロロスCEOは、「サタパナ銀行の顧客が、携帯料金、公共料金、ローン返済などの支払いにおいて、ウィングが提供する様々なサービスにアクセスできるようになった」と語った。

 支払いを受ける相手がウィングのアカウントを持っているかどうかに関わらず、同銀行の顧客はウィングキオスクを使用して、任意の場所からいつでも携帯電話を通じて送金することができる。

 同氏は、「この提携により、銀行口座利用者や、銀行口座を持たない貧困層がビジネスを拡大したり、住宅ローンを借りたり、子供の教育に資金を提供するために融資を受けることができるようになった」と述べた。

関連記事
経済
フィリップ銀行、業界第6位のマイクロファイナンス機関と合併[経済]
(08月13日)
経済
カンボジア業界3位のABA銀行、社債を発行の承認[経済]
(06月03日)
経済
ABA銀行は事業拡大を計画 カンボジア[経済]
(02月21日)
経済
グラブカンボジアと提携し運転手に金融サービス開始 ウーリ銀行[経済]
(02月11日)
経済
送金サービスのウィング 韓国大手商業銀行と提携 カンボジア[経済]
(11月29日)
経済
カンボジア最大の銀行がデジタルインフラに投資 カンボジア[経済]
(05日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
業界
アプリケーションの開発に試行錯誤を繰り返した[金融・保険]シン・チャン・モー(1/2)
業界
カンボジアの金融革新のリーダーであり続けます [金融・保険] ジョジョ・マロロス
業界
人口の80%は銀行口座を持たない [金融・保険] ジョジョ・マロロス
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース