カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年3月27日
  • カンボジアニュース

グラブ トゥクトゥク配車サービスを試行開始[経済]

news_201803273
(c)Phnom Penh Post

 配車サービス大手のグラブは3月23日、プノンペンでのバイクサービスの正式ローンチを発表した。また、プノンペンで「グラブ・トゥクトゥク」と、シェムリアップで「グラブ・レモルク(Grab Remorque)」と呼ばれる企業向けに牽引車を貸出すサービスの試行開始する。プノンペンポスト紙が報じた。

 トゥクトゥクサービスの基本運賃は2000リエル(0.50ドル)からで、1キロメートルあたり1200リエル(0.30ドル)を加算。この価格は、同サービスを提供する競合他社、パスアップ(PassApp)やエクスネット(ExNet)の料金よりわずかに高い。

 一方で、グラブバイクの料金も、試行段階では2500リエル(0.63ドル)で設定されていたが、正式ローンチ後は1000リエル(0.25ドル)で利用できるようになった。

 パスアップの創設者であるトップ・ニモル氏は、自社の競争力について、「圧倒的な低価格」を挙げていたが、グラブの値下げを受け、「我々にとって、重大な影響かどうかはまだ分からない。我々ができることは、全力を尽くすことだ」と話した。

 米国のブルームバーグ・ニュースは、グラブは今週、ライバルのウーバーから東南アジアの株式を購入すると報道した。

関連記事
経済
配車サービスアプリ 普及後に現れた新たな改善点 カンボジア[経済]
(16日)
経済
IT企業が保険会社向け製品開発のため新たな提携開始 カンボジア[経済]
(16日)
経済
配車アプリのパスアップと送金サービスのウィングが提携開始[経済]
(03日)
経済
カンダール州にカンボジア最大のデータセンターを建設[経済]
(06月26日)
未分類
カンボジア証券取引所 アプリの導入で過去最高の取引額を記録[経済]
(06月22日)
経済
カンボジア郵政公社 電子決済・送金アプリを開始[経済]
(06月12日)
あわせて読みたい
特集
世界で最も住みたい ネイチャーシティの実現へ
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース