カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年3月22日
  • カンボジアニュース

フランス文化とカンボジアとの関係を祝う 在カンボジア仏国大使館[経済]

news_201803221
(c)Khmer Times

 フランス大使館とフランス商工会議所が主催するイベントで、カンボジアとフランスの二国間関係を祝福する。クメールタイムズ紙が報じた。

 同イベントは、フランス語とフランス語圏の文化を記念する「国際フランコフォニーの日」を祝して3月17日から3月30日まで開催される。

 国際フランコフォニー機構は3月20日を「国際フランコフォニーの日」と定め、同機構に加盟する70カ国において、フランス語という共通点とそれぞれの文化的多様性を表現する機会となっている。

 フランス大使館によると、このイベントでカンボジアへ投資機会を模索する欧州諸国の企業を誘致する予定だ。

 在カンボジア仏国大使は、「フランス政府と企業はカンボジアの発展に全力で貢献する。このイベントにより二国間貿易量が増加することを期待している」と述べた。

 フランスのNGO団体、Fondation Prospective et Innovation(FPI)は、「衣料、観光、農業分野で投資機会を求めてカンボジアを訪れたフランス企業は昨年だけで300社にのぼる」と述べた。

 フランスの元首相で現FPI総裁であるジャン=ピエール・ラファリン氏は、カンボジアの急速な経済成長を賞賛し、「豊富な労働力と天然資源に恵まれ、良好なロケーションにある」と語った。

 フランス大使館の報告によると、二国間貿易は増加しており、2016年の総額は10億9000万ドルとなっている。昨年のフランスからカンボジアへの総輸入額は1億6300万ドルとされ、食品と医薬品が主に取引された。また、カンボジアからフランスへの総輸出額は9億3150万ドルで、主に衣料品、靴製品、いくつかの食品が取引された。

関連記事
未分類
欧州連合との貿易協定についての話し合い カンボジア[経済]
(12日)
政治
カンボジアと中国は60年の友情を祝う[政治]
(04日)
社会
日本政府 密輸撲滅のための巡視船をカンボジアに寄付[社会]
(04日)
経済
カンボジア ユーラシア経済連合との自由貿易協定に向け協議[経済]
(06月08日)
経済
カンボジアの米国への輸出 第1四半期に25%増[経済]
(05月20日)
経済
カンボジア商工会議所 2019年までに初の海外オフィス開設へ[経済]
(05月06日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース