カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年2月11日
  • カンボジアニュース

ナガワールド VIP顧客による賭け金、カンボジアの国内総生産を上回る[経済]

news_201802111
(c)Phnom Penh Post

 プノンペンのナガワールドカジノは、昨年、VIP顧客によるカジノでの賭け金が2016年のカンボジアの国内総生産を上回ったと発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 香港証券取引所に上場しているナガワールドの親会社、ナガコーポレーションの昨年の年間財務報告によると、総賭博収益(GGR)が85%増の9億2600万ドル、純利益は39%増の2億5520万ドルだったと発表した。

 またVIP事業では142%増の211億ドルとなる最大の成長を見せており、カンボジアの2016年のGDP(200億2000万ドル)の値を上回っているという。

 同社の昨年の所得税は812万ドルで、これは同社CEOのボーナス1170万ドルよりも少ないという。

 また、これはGGRに基づく実効税率0.87%であり、カンボジアは、カジノにおいて世界で最も低い実効税率を誇っている。会計事務所PWCによると、2015年のGGRの各国の税率は、マカオ35%、オーストラリア10~45%、シンガポール5~15%だという。

 経済財政省の担当者は2月8日、「我々が、同社にどのような税金を課すか説明することは難しい。同協定には多くの基準があり、契約は非常に厚いため、説明は容易ではない」と述べており、同社は、2015年の財務省監査での「矛盾」の発見後、2016年には、1500万ドル以上の追加納税をした。

 中国人の訪問が活発になり、昨年ナガを訪れたの人数は前年比40%増の120万人に達している。それに伴いVIP事業はGGRの成長をもたらし、大衆向けのギャンブル収入、3億600万ドルの2倍以上にあたる、6億2530万ドルに達した。

 しかし、利益はわずか1億5390万ドルで、大衆向けである2億9430万ドルの約半分。VIP顧客の勝利率が低下した結果、VIPの利益率は約25%、大衆向けでは98%だった。つまり、同社の利益は増加したが、全体の売上総利益率は2016年の69%から49%に減少している。

関連記事
経済
中国人が去った余波 カンボジア・シアヌークビル[経済]
(03月05日)
社会
国境の街のカジノ 長期に渡る法的紛争に終止符 カンボジア[社会]
(03月04日)
経済
カンボジア租税総局、2020年の税収目標を2886百万ドルに設定[経済]
(02月19日)
経済
カンボジア・シアヌークビル市の家賃が急落し、地価が低迷[経済] 
(02月06日)
観光
マカオのカジノ運営会社、アンコールワット近郊で土地購入を延期[観光]
(12月31日)
政治
カンボジアは依然としてマネーロンダリングに対して脆弱と判断[政治]
(11月01日)
あわせて読みたい
業界
出張手当設定を指摘されるケースが散見[法務・税務・会計] マック・ブラタナ、ドゥク・ダリン
業界
税法や労働法など法律は毎年頻繁に変わる[法務・税務・会計] 安藤 朋美
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
業界
未来にフォーカスしたサービスを提供[法務・税務・会計] 西山将太郎、安藤朋美
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース