カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年1月26日
  • カンボジアニュース

カンボジア政府 国政選挙を見越し今年も電気代削減へ[経済]

news_201801262
(c)Khmer Times

 カンボジア電力庁(EAC)は1月24日、電力価格の実質引き下げを行うと発表した。関係者によると、これは7月の国政選挙を見越したものだという。クメールタイムズ紙が報じた。

 鉱工・エネルギー省の職員は、「政府は2017年、低所得世帯が電力を使えるよう、補助金として5100万ドルを使用した。この補助金は、2015年~2020年の政府による電気料金の優遇計画の下で行われている」と述べた。

 カンボジア電力庁(EAC)の年次総会でスイ・サエム鉱工・エネルギー大臣は、「カンボジアの家庭、特に低所得世帯を支援するため、2017年、政府はカンボジア電力公社(EDC)の収益から約5100万ドルを拠出した。すべての民間電気事業者は、政府設定の電気料金で提供する必要があり、政府は民間の手数料を補助する。2015年から2020年にかけて電気料金を徐々に引き下げており、2017年は実施2年目だ」と話した。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース