カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年1月19日
  • カンボジアニュース

建設プロジェクト増加も カンボジア人への恩恵は少ない[経済]

news_201801193
(c)Phnom Penh Post

 政府は、2017年の建設プロジェクトが20%以上増加したと発表したが、関係者は、「好景気のすべてが労働者や購入者にもたらされているわけではない」指摘した。

 1月16日に発表された国土整備・都市化・建設省の年次報告書によると、2017年には3052件のプロジェクトが承認され、その額は64億2000万ドルだった。これは前年の2405件、52億5000万ドルより増加したという。

 カンボジア不動産協会(CVEA)のキム・ヘアン会長は、「この成長を歓迎するが、実際の建設金額は減少しているようだ。またライセンスを受けても、建設計画を実行するとは限らない。私が見立てでは、2017年の新建設プロジェクト数は2016年と2015年に満たなかった」と話す。

 カンボジア建設協会(CCA)の事務局は、「プロジェクトの成長は、政治的安定と経済成長に起因する。これは、特に中国、韓国、日本からの外国投資によるものだ」と述べ、「一方、技術職の大半が外国人で占められ、熟練労働者の不足は業界の課題だ。また、カンボジア人向け住宅購入者のサポートも不足している。住宅供給が増加すると価格は低下するが、買い手の大部分が外国人投資家であるプノンペンではそうではない。カンボジア人の家を借りる能力は、実際には低下している。家屋やコンドミニアムが増えれば、家賃やマンションの価格は下がるべきだ」と付け加えた。

関連記事
経済
超高層ビル建設計画 再び浮上プノンペン[経済]
(05日)
日系
カンボジアに世界貿易センター プノンペンで起工式開催[日系]
(01月31日)
経済
急速な都市化・人口増加 2030年までに約80万の住宅が必要 カンボジア[経済]
(12月31日)
経済
チア・ソパーラ―建設大臣 建設業の法律や規制に従うよう要求[法律]
(12月12日)
経済
低価格住宅の開発の優先を投資家に呼びかけ チア建設大臣[経済]
(11月14日)
経済
韓国・富栄(ブヨン )プロジェクト 最終的に建設開始[経済]
(09月25日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
業界
総選挙後には、政治的・経済的安定が正常化し、不動産市場が再び盛り上がる [建設・内装] ミース・プロックサー
業界
カンボジア不動産業界の成長と発展の動向に目を向けてもらいたい[不動産] キム・へアン
業界
先進国では既に起こったことでも、発展途上国では始まったばかり [不動産] チレク・ソクニム (2/2)
業界
競争により売れ行きは穏やかになっているが、危機ではない[不動産]チレク・ソクニム (1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース