カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年10月30日
  • カンボジアニュース

シャムリアップ州最大のショッピングモールが建設[経済]

news_201710303
(c)Khmer Times

 シェムリアップ州では既存の小規模モールに加え、同州で最大のモールとなるヘリテージウォーク(The Heritage Walk)がオープンする。その規模は4万平方メートル、100店舗を収容するとされている。

 同ショッピングモールは、2月に一部開業し、2018年4月にグランドオープンする

 クメールタイムズ紙によると、地元の不動産業者は同プロジェクトに向けて楽観的見解を表明しており、現地不動産会社の責任者は、「同モールは観光客や地元の人々にショッピングやレジャーの選択肢を提供し、同州における観光客の長期滞在を促進する。ビジネス活動が増えることで地域経済に有益となり、シェムリアップの不動産市場に対し投資家が自信を持つようになる」と語った。

 来る総選挙に先立ち、地価は1平方メートル当り平均350ドルから400ドルで停滞しているが、同プロジェクトにより選挙後に地価が再び上昇すると期待される。

関連記事
経済
ボレイやインフラ開発により人気が上昇 チョロイチャンバー区[経済]
(12日)
観光
シェムリアップをエコリゾートとして開発[観光]
(07日)
経済
レンタルオフィス世界最大手リージャス プノンペンに2つ目の拠点を設置[経済]
(11月24日)
経済
人気が高まるトゥールコークエリア 第2のボンケンコンになるか[経済]
(11月13日)
経済
センチュリー21カンボジア 地方にもサービス展開へ[経済]
(11月05日)
経済
建設投資額 昨年同時期より22%増加と力強い成長を見せる[経済]
(10月23日)
あわせて読みたい
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース