カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年10月13日
  • カンボジアニュース

UAEへのコメ輸出に関する覚書締結 カンボジア[経済]

news_201710132
(c)Khmer Times

 カンボジア企業Virasun Developmentとアラブ首長国連邦(UAE)の国際貿易において、10日、年間約5万トンの精白米と有機肥料の売買に関する覚書が締結された。クメールタイムズ紙が報じた。

 農林水産省の高官は、「カンボジアはこれまで、UAEに対してわずかなコメしか輸出しておらず、新しい覚書への署名は、業界にとってよい発展の兆しだ。合意を促進する上で重要な役割を果たしていく」と語った。

 Virasun Development社は年間5万トンの精白米を輸出し、UAEの企業から約5万トンの有機肥料を購入する予定だという。また、UAEではバスマティ米が好まれているが、移住労働者の需要を満たすために他のコメの品種の輸入にも需要があるという。

 カンボジアは、今年9月までに約42万トンの精米を60の国際市場に輸出している。これは前年同期と比較すると16%増加しており、主な輸出先は中国、フランス、ポーランドとなっている。

関連記事
経済
中国当局、カンポット州のバナナ工場を視察 カンボジア[経済]
(19日)
経済
カンボジア初、600トンの有機肥料を輸出[経済]
(13日)
経済
ドリアンの収穫高は悪天候のため減少 カンボジア[経済]
(05月15日)
経済
年間5万4149トンの家畜と肉を輸入 カンボジア[経済]
(04月26日)
経済
カンボジア 対中国のコメ輸出量、第1四半期59%増加 [経済]
(04月15日)
経済
農産物の輸出に対する付加価値税を2023年まで免税か カンボジア[経済]
(04月01日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース